元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
きかせたがりやの魔女

 岡田淳氏。
忘れた頃に新作が出ていて侮れない。
何度見ても『着せたがり』を空目してしまいますが、『聞かせたがり』ですね。
 今回はすぐに目に入る挿絵が特に印象的。
ちょっと児童文学に好まれる絵柄よりはわずかに今風、かつシンプルな筆致なんだけど、一人一人の個性が見えて来るとても素敵な挿絵です。表情やポーズが、生き生きしている所も魅力的。
 お話自体は小学校にいる魔女、がいろんな魔女の話をしてくれるのですが、踊り場の魔女だとか、いたずらの魔法だとか…他作品で見られる懐かしいフレーズで綴られた短編連作に、ニヤニヤしちゃいます。
 小学5年生の主人公である少年目線で、魔女からこんな話を聞かされた―と言う他の小学校の『魔女(魔法使い)と子供』のお話。これの短編が数話続きます。
それらを聞いていく上で、最終話では当の少年と魔女のお話になるのだけど、これがまたファンタジーがこっちの世界に寄ってきた感があって良かった。
 今までだと、魔女はあくまでも魔女と言う世界の違う存在だったんだけど、今度の魔女はこちらの世界と確かな繋がりがある魔女で、故に身近に魔女が居るかもと言う気分にさせてくれる。
 魔女も不器用で無愛想だったりするくせに、変に頑張り屋で素直な部分が、不完全と言う親近感を抱かせてくれるし、その魔女の存在を受け入れる少年のまっすぐさと度量の大きさがやるなぁと思わせてくれたり。
ちょっと独特のボーイミーツガールですね。(まぁ魔女は中年だと思われますが。)
 よくある不思議な店の店主と少年と言うパターンの組み合わせにも似て、この2人の組み合わせで学校の不思議な事件をどんどん解決…とか面白そうだと思ったんですけど、いや、岡田さんはそんなのは書かないな。ジャンルが違うわ。
 魔女が魔女で、そしてここで終るからこそ、いつでも読み手が主人公となれる素敵な児童書になるのでしょう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック