元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
忘れられない一冊

 物書きさんたちが自分の思い出の一冊をテーマに寄せたエッセイ集。
結構な人数、そうそうたる顔ぶれで、どんな一冊が挙がるのかとても楽しみ。
 読んでみたのですが、なるほど、おススメと言うだけの括りでなく、逆に縁がなかったとか、タイトルだけ覚えているとかのエッセイもあるわけか。
ここで次に読む一冊を決めようかと思ったのですが、むしろ物書きさんそれぞれのエピソードを楽しむ本だと思いました。
(うん、出来れば本のタイトルと著者名、出版社とかの情報をフォーマットで載せておいて欲しかった。探しやすいじゃない?)
 数点のエッセイはそれぞれの物書きさんの本で読んだ事もあり、また挙がる本が有名な事が多く、特に新しく記憶しておこうと言うものはなかったのですが、たまに目新しい話が混じっていて掘り出し物を探すのに似ていて面白かったな。
 しかし割と文学を挙げる人が多くて、また昔の人(年代的に)は10代の内に本格的な文学を読んでいて当たり前みたいな空気があって、昔の読書家はなんか大変だなぁと思った。
 今はほら、本の娯楽性とか幅、ハードルが下がりまくってるし、読んでるだけで『読書家』カテゴリーじゃない?
文学、それも純文学で無ければ読書とも認められない時代には、私、生きられんわぁ…。
『文学少女・文学青年』なんて言うけどさ、決して『=ただ読書をする人』じゃないもんねぇ。『文字中毒』の方に親しみを感じるわ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック