元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
あらすじで読む日本の名著 No.2

 相変わらず衝撃的なあらすじがボロボロと。何て興味深いんだろうなぁ、このシリーズ。これだけで読んじゃった気になるのはズルだけども、面白いんだもん。
 特にツッコミを入れたもの、印象深かったものを羅列。もうね、そもそも文学に突っ込み入れたらダメなんだろうな。人生の酸いも甘いも無関係でスイマセン。
 そして今回は作者たちのプロフィールの方に反応しきりでした。夏目漱石の周囲話を読んでるからか、プライベートで「ああ、これが…」とか思う人たちが多いもんだから…。

『刺青』
 え…単純だけど、そんな話なの??これ、よく本人納得したよなぁ。もう犯罪なんですが。洒落になってない。耽美とか情緒とか、吹っ飛ぶ流れだわ。
『夫婦善哉』
 これがかの…!ようやくあらすじを知る。
もう、蝶子、こんな男は捨てろよぉぉ。
時折、いや、文学シーンにはろくでもない人間が多く出て来るが、こんな男もどうなんだよ。
 この話から何を学べって言うんだろう。人情?いやぁ、イラッとしかせんわ。蝶子の器のデカさを知るのみ。
『藪の中』
 本当に藪の中だった…。(場所もオチも。)
斬新なパロディだと思いました。
 それにしても三者三様の記憶は良いんだけども、事実が一致してないのが不思議。
事実は一致させたまま、違う所を見せるのが手なんじゃないの?夫は結局縄を解かれてんだか、そして妻はどういう風に逃げたのか?あらすじだから把握出来てないだけかな。
『潮騒』
 「この火を飛び越えて来い」ってこれだったのか…。
しかし文学の割に(偏見?)最後がハッピーエンドで逆に驚く。
『銀河鉄道の夜』
 ああ。これも文学…なんだ?(いや、そもそも名著と言うだけで別にジャンルは拘ってないんだっけ、この本?)
各シーンがいろいろ記憶に残る所なので、メインストーリーを忘れがちなのですが、そう言えば彼は死んでいるのか。
 ところで素朴な疑問なんだけど、何人が主役なんだ、これ?そして日本人にしなかったのは何故??
『ジョン万次郎の生涯』
 タイトル失念。
ジョン万次郎の歴史を、まるで本人が手記を書いたかのように本人視点で辿った作品。
今では当たり前に有りそうな体裁だけども文壇ではここら辺が最初の試みだったのかな?やたらそこを強調されて説明していたから。
 彼の生涯はたいそうな冒険に満ち溢れていたようなので、ワクワクしながら読みました。
いや、本当にタフなお人だ…。
『鑑真』
 タイトル失念。
こちらも上と同じく。でも主人公は鑑真ではない。彼と同じ様な留学僧で、あちらの地で鑑真に絡むわけだけど、前置きとして『何故日本に帰る事を外国側が制限していたのか』がわからなくて、脱走にも似た苦難話を不思議に眺める。
僧で、留学―って所まで認めているんなら、自国に仏教を伝えるために帰してやれよと思うのですが。
 そして最後の積み荷が海に沈む辺りはあらすじで読んだだけでも「えーっ」と思う。
この「えーっ」は、やるせなさです。
一人の男が国の未来のためと生涯に渡って成した仕事が、文字通り海の泡、藻屑と消える。…無常すぎる…。
 難破は事実かもしれませんが、積み荷の件はどこまで事実なのでしょう。歴史上の事実を取り違えそうなお話でした。
『利休と秀吉』
 相変わらずこの二人は結末のせいで利休は悟りを開いている、秀吉はダメダメ!と書かれるんだなぁ…。実際何故利休の命が奪われたのかは気になるけども。
そしてそのせいでいつ何時、誰が書いたものでもこのモチーフ作品だと中で描かれる秀吉の人間性にイラつく。
 ただ、あらすじ読んでるとこの本の場合は利休もちょっとばかり方便も使えないのか~、と己を貫き通す姿の素晴らしさよりも、最後には現実を拒否した状況判断の悪さに目が行く。なんせ『俺は謝らないもんね!』合戦だもの…。
折れない心って良く言えばそりゃもう素晴らしい志なんだけど、悪く言えば…思い通りにならない現実世界の方が間違ってる!って目を逸らすにも似てるんだよなぁ…。
 この世はままならぬものと知りながら、嬉々として、またはニヒルに太鼓持ちされても困るけど、命と秤にかけるものが、昔はプライド的なものが多くて、空しくなる。己が価値は絶対か?この二人の話はマウンティングの取り合いにも似てるしなぁ…。こっちにも悪い所があったとか、相手の顔も立てようとか、なさそうなエピソードばかりなんだもの。(まぁ娘の件とか絡んでくると一概に言えないけど。)
 最終的に生きるか死ぬかになった時、精神的なものに価値が無いとするわけでなく、今の時代じゃほら、「まずは生きてみようよ」と言うのが主流でしょ。もしかしたら将来言える傷かもしれないし。カッコ悪くて泥水啜っても、俺は生きるぜと言う境地もあるわけで…。
あと、残された家族や周囲の計り知れない心の傷、ね。
実際の利休は、足掻いたんだろうか、笑って受け入れたんだろうか、真実は誰にもわかりませんが…。
 こう考えるとこの作品は、色々考えさせる物語でありそうです。
『華岡青洲の妻』
 タイトル失念。
知る人ぞ知る青洲さんですが、麻酔を研究したお医者さんですね。何かしら目に止まるんだよなぁこの人。
 しかしこちらはその奥さん視点でのお話。
まぁ…なんと言うか嫁姑の争いが…執念のぶつかり合いすぎる。怖い。青洲さんの横でこんなドラマティックな展開があったとは。
 何せ姑は勝気、嫁も一本気、2人して争って息子の、夫の医療の実験台になろうとする。…こういう方向で競うって、もはやただの嫁姑問題じゃないよね。ある意味燃えさかり、引くに引けない愛憎劇よ。(なお、恋愛結婚どころか、この姑さんが、体の強そうな娘を嫁に選んで連れてきたと言う…。)
お互い相手を陥れるのではなく、どちらが青洲にとって役に立つかで勝負するのが潔すぎますわ。しかも実験台とか、当時の医療、しかも麻酔ですもの。命がけですよこれ。
実際数日意識を失うとか、失明するとかまで行ってます。
 なかなかに生々しいあらすじでした。怖い。

 いろいろとここまであらすじだけ読みまくると、そろそろ文学で男が主人公だと、(心情を書くせいか)情けなくろくでもなく、思い込みの激しい男しか出てこない、これ定説と感じてしまう…。
つくづく自分は文学には向いてないんだなぁと思う。
 なお、今巻でようやく女流作家の名前もちらほらと出てきたので、ますますバラエティに富んで読み応えのあるシリーズとなってきた気がします。
次も読もう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック