元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
十三角関係

 山田風太郎。
割と長編ばかり読んで来たので、今度も構えたけど、良かった、普通の大きさの本だ。(まぁ字は小さ目だけど。)

 あらすじは知らずに借りてるんですが、まぁ不思議な感じで話が進む。
なんぞシリーズ探偵ものの、最初の話っぽい事をどこかで読んだんですが、その探偵、予想を覆すお人でした。
 所謂ハードボイルドや正統派ハンサムや、おおよそ『主人公ルックス』してないにも程があるわけですわ。
太っちょおじさん。…医者で人格者ですけどね。
描写があまりなもんで。(初登場で飲んだくれてるとか、もう。)
 まぁそれでも清濁併せ持つ感じでしょうか、風俗街に迷い込んで来た女子高生を、知り合いの女性の所まで案内をする。
そうするととんでもない凄惨な形でその女性は殺されている―こうして事件は始まります。
 その女性はバーだのキャバレーだの複数の店を経営する凄腕美人ママなのですが、彼女について、お店の女の子たちの証言が始まります。
 それに合わせて一人称を章毎に変えているのですが、古い小説でこのパターンは余り見た事がなかったので、俄然面白く。
 また変わったシーンを持ってくるなぁと言うエンタメ性も良かった。『嘘倶楽部』とかありそうだし、使い方が上手い。
医者先生、手管に長け過ぎている。

 そして容疑者等は面白い様にわずかな時間の間に何人もいると言うのがこの作品の醍醐味。後々その関係のなさそうな人たちがここまでかと言わんばかりに己の事情のために動く時、蜘蛛の糸の様に複雑な事件を起こすのだなぁとストーリー展開には感心しました。
はぁー、これはまた見事な図だな。
 何せ作者の筆致が心強く、グイグイと読ませます。
 登場人物たちの心情は然る事ながら、ラストのどんでん返しにも似た衝撃の事実が、また最後まで手を抜かずにタイトルに集約される『関係』を語り尽くしてくれているし。タイトル上手いよなぁ、言葉の選び方と言うか。
 
 山田風太郎と言えば歴史、時代小説のイメージでしたが、そもそもそちらも読んだ事がなかったので、一気にミステリー作家と覚え込んだ一冊となりました。
面白かった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック