元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
図書室で暮らしたい

 辻村深月さんのエッセイか。これは期待。
…と思っていたんだけども、どうも固い、感じ。
 この人は自分で『作品と自分自身は切り離してる』と仰られてて、それがむしろ私の好きなスタンスで嬉しいんだけれども、それが故、多分私はこの人の作品が好きであっても、地の彼女の色々に魅力は感じないみたい。
(あるんだよなぁ、作品は面白いけどエッセイが馴染まない人。)
 これは良い悪いじゃなくて、性格的、考え方的に合う合わないはあって当然で、それにも係わらず自分と全く違う人をも惹きこめる作品の力が凄いだけな話。
うん、むしろ純粋に感心するわ。
 だから私は公私が切り離されている人のエンターティナーっぷりや、冷静な目が好きだったりする。
どうしたって創作物には自分の何かは滲み出るものだろうけど、悪人じゃなくったって悪を書く事が出来るような話なわけで…。

 で、エッセイとしては何が馴染めなかったかと言うと、まぁ前述の様に文章の固さ―真面目さ?内面が予想よりも重かったところ。
きちんとしている反面、悪く言えば一種囚われているような繰り返しの原体験が、どうにも後味が悪く―。
 そういう鬱積した思いが負けん気になったりもするんだろうけど、この人は書くのが好きで、プラスの思いで繋いできたように見えたんで、影の部分が凄くそわそわと落ち着かない感じにさせてくれた。
克服したと書いているはずの繰り返される負の記憶が、書く回数毎に拘る理由に邪推を生む。
 さらけ出す事の強さと同時に、悲しさや消えていなさそうな傷の痛みを伝播してくるんだよねぇ…。読んでて胸苦しくなる。

 私はフィクションでも悲劇とか、引きずられるような痛い話が読むのが辛いタイプなので、これでノンフィクションとか、さらに座り心地が悪いです。
 後半、おすすめの作品とかの話になってくるんだけども、それですら幸せを語る彼女の口調が固く思えるのはそのイメージを引きずるから。(あとやっぱり連載とは言え、一気に読んだ時、何度も同じ話が出てくるのは正直つまらない…。)
 なるべくエッセイには手を出さないでおこうと思える人がまた一人。
…いやぁ、でも作品が好きなほど、著者名でまたどっかで手に取っちゃうんだろうなぁ…。
 エッセイはだらだらとバカ話を書く人のが性に合っているようです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック