元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
水はみどろの宮

 古めかしい、伝奇的な昔話…みたいなものかな。児童書なんだけど。
かなり古風な雰囲気と文章っぽいなぁとペラペラ捲ってそう感じたんだけど、読んでみると普通に読めました。古めかしいんじゃなくて、喋り言葉が土地訛りだからそう見えただけだったみたい。

 とは言え、昔ながらの往来はあれども閉ざされた田舎の里山と言う狭い世界で、お祖父ちゃんに育てられる孫娘―そんな童女が主人公なので、世界観は非常に素朴、余計なものが無い昔話みたいなものです。
 川の渡しをしている中で、たまに来る薬売りの客のに外の話を聞くのが楽しみだとか、神様のお使いだと村人から言われる犬(山犬)に懐かれるだとか…。
 これがあらすじ上では童女は山の守り神的な狐と出会う話と書いてあるのだけれど、途中までこの山犬が不思議な力を持って童女を守るような話かと思っていたわ。
この山犬、鉄砲水を知らせてくれたりするし。

 そして中盤頃、ようやく狐神と会うんだけれども、出会いこそは運命的に『お前が来るのは1000年前から解っていた』『可愛らしい姫御のようじゃ』と、嫁になるか?的に童女に迫るんだけど、その後、そんな異種婚的な話にはならなかった。
 …ええ~…、童女の方も若い山伏の格好に化けている狐の事を、「兄しゃま」と呼んで慕っているのに―。
まぁ、別段娘になってからの話とかまでいかないんだけどさ、期待するじゃない。
このまま神隠し方向か?人里で異種交流方向か?と。

 ところがよく解らんのは、狐に会ってから童女は山の声を聴くようになる―と言う部分は良いけれど、それでずっと童女の生活が急激に変わるわけでもなく、色々自然に敏感になっただけで特別な事は起こらない。
それではそういう生活の、命の鮮やかさを賛美するようなストーリーなのかと言うと、それもどうだが、後半、ほとんど猫の話になる。
 猫。
―これも、山犬と同じで誰にも懐かないのに童女には懐いた猫。
 山犬の時と違って、猫は一人称で話が進む。
…なんだ、これ??

 結局ラストでは孤高だった猫が子猫を得るよと言う、人には見る事の出来ない猫(動物や自然?)集会を童女が覗く様な仕上げ…なのかな?前半、中盤、後半とどうも視点が飛び過ぎて全体的なストーリーとしてはとても飲み込めず。
 ううむ…雰囲気に慣れてからは、細かい言い回しや描写が織り込まれた錦の様に美しかったので期待したけど、全体を見るとどうにも消化出来なかったお話だな。
ちょっと残念読書。

 あと読んでて最後までどっちか解らなかったんですが、このタイトル、『水(わ)みどろの宮』なのか、『(水)はみどろの宮』なのか…。
 名前言ってそうな時でもミズハミドロって言ってるし、でも時にはみどろの宮とも言ってるんだよなぁ…??わか、はか、どっち読みなのかだけでも分かると違うんだけど。些細ながら尾を引く疑問でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック