元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
のぞきめ

 映像化ですって?ビジュアル的には行けそうだよな、この設定。
と言うわけでホラー。出た当時はスルーしてたけど、『想像してごらん』の世界で視覚的に想像するとグッときそうなので読んでみる。
 映像化の方のあらすじをざくっと走り見した感じでは、向うから覗かれるとアウトのお化けものの様な話だった気がしたけど、実際は『覗いてくる』ものに精神的に追い詰められる系だな。覗かれたらペナルティがあるとかではなく、その行為自体が精神攻撃。
 格子戸の隙間から、物陰から、覗いてくる目とか、画面上ではえるわ、怖いわ…。ゾクゾクします。

 さて、お話上ではよくある耳袋的な拾遺譚を大学の民俗学で―と言う超定番。奇妙な糸に導かれ、小説家はこれに関わる事に―的な語り口調なのですが、実際に伝え聞いたとされる体験談自体は、メインの二つの話がそれぞれ真に迫った怖さを醸し出しています。
 触れればどうしようもなく祟る、因果応報の枠組みをも超えたものであるとか、はたまた血で因業を受け継がざるを得ない、逃げようともがけばもがくほど、業を背負ってしまう蟻地獄の様な…そんな展開が怖い。もう六部殺しとか、子々孫々が可哀想だから元凶だけ呪われとけよ。
 あと、これに乗じてタダ飯食いに来るような詐欺師にお灸据えるのも業になるのが可哀想。
 怖さの本質としては、この作品、単純に隙間から覗いてくると言う『それだけ』の怖さがシンプルで効いてくる。
 いや、本当、物理攻撃しかけて来るお化けって怖さの質が違うからね。延々隙間から見て来るとか、気が狂いそうなものがあるじゃないですか。
言葉としての怖さもいいよね、のぞきめ。
 とにかく読み出したら止まらない、ゾクゾクする。
久しぶりに面白いホラーを読んでいる。

 あとは結末がどうかだけだけど…これがね、良かったよぉ~。
一部二部の二つの話の内、一部は怪異は怪異のまま、説明が付かないんだけど、二部の方がもしかしてこうでは?と言う一つの現実的な回答がなされていて、それはそれでゾッとする感じの真実なんだよ。
 この、ホラーオカルト路線で終焉を望むものと、現実的に怖がりたい、納得の行く真相を望むものとのバランスを、両方取ってる感じ。
ああ、二部構成の功名だな、これ。良い所どりしたある意味ズルい結末なんだけど、私は好きだわ。作者が狙ったのとは違うかもしれないけど、通常ホラーで難しい理由付けのある結末がそこにはあった。
上手いよなぁ。ミステリーとしても読める。
 勿論ホラー、ミステリー、それ一本で見てしまうとどちらかに不満の残る持っていき方かもしれないけれど、私はこの落としどころが、ジャンル関係なくすんなりと受け入れられたわ。
 とりあえず、ちゃんと怖くて、それでいて納得の出来る最近じゃ高評価のお話だと思いました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック