元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
倒れるときは前のめり

 あまり有川さんっぽくないタイトルに思えたのだけど、座右の銘らしいです。
エッセイなのですが結構な量が有り読み応えたっぷり。
時事にまつわる部分は震災関係があったので、真面目な話が多く、楽しくだけ読めるわけではないですが、作品に滲み出ているまっすぐな作者の意向と違わぬ意見。ぶれませんね。

 まぁ中身についてどうのこうの言う事はないんですが、ひとつだけ言わせてくれ。
―同じネタが多すぎる…。
 連載がどれくらいの間隔なのか解りませんが、3度以上は軽く同じ話が続く。前の話の続きと言うより、被る部分が多くて、CM後に同じところから巻き戻るTV番組の様なモヤモヤ感が生まれました。
 震災関係の他は映像化や、本の内容規制の辺りね。
拘る部分という事は解るんだけど、単行本化して続けて読むとちょっと…となるんだな。

 しかし代わりに趣味ネタの辺りは軽快かつ楽しく読めました。
本の紹介の辺りが凄く参考になる。
 大体読んでいた本が多かったのですが、あ、あの本良かったよね!?へー、同業者としての感想がこうなんだ、と興味津々でした。
プロが見て面白い本と言うのはやはり一線を画するものがあるな…。
 そしてこの人が湊かなえ氏と仲が良いと初めて知る。湊かなえが関西弁なのも…。
中々興味深い一冊。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック