元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
占い師が語る本当にあった20のスピリチュアル体験

 むぅ…?どういう本かなぁ。
『本当にあった』と聞くと例のシリーズを思い出して作り物にしか思えないのにあえてこのタイトルとか。
 てっきりカストリ系かと思えば逆方向イメージで固めた本でした。爽やか癒し系、おまけに…この作者、本当にアラフィフか??少女っぽくさえあるんだけど、何だこの人―。これがスピリチュアルの力とかだと乾いた笑いが漏れるレベルで凄い若々しさだなと思うんですが、中身も思った方向と違いました。
 霊能者が語る自分スゲー語りとは一風違って、人を無暗に怖がらせるわけでもなければ、説教臭い事を垂れ流して天に選ばれた自分、みたいな振る舞いもないし、ただひたすらに『霊感があります。が、私の主観です』とまで自分で言っちゃってる本。
自慢もしなければ卑下もしない、淡々と語るのねぇ…。
 なのでスピリチュアルで人生変わりましたとか言う啓蒙ものでもなく、カテゴリー的には『自伝』。それでたまたま書いた人が霊能者だったと言う感じの一冊です。

 それでもいわゆる出来事は『眉唾物』のオンパレードで、まぁ信じがたい体験談が語られるのですが、これが本当かどうかはあんまり重要じゃないのね。著者本人も言う様に、すべて主観の世界と言う前提だから。
 その意味でこの人は冷静。例え言ってる内容が普通『眉唾』と言われるものでも、現実的なバランスを持ったまま、そう言う世界にも触れている人と言う解釈で受け入れられる。
 相手から突っ込まれるより先に、自分からお断り入れておくのは凄く上手いやり方だなと思う。
こうして前置きする事で相手の警戒心を薄れさせ、話者の礼節に対しては心を開きやすくし、後の会話内容が少しでも相手にスムーズに入るようにする―うん。
この人、そもそも話術が巧みなんだろうなぁ…。(占い師として大成するのは霊感よりも知識、むしろ話術と言う説があるくらいだし。)大事なスキルだよ。
これ、話下手な人が同じ内容を書いたとしても、受け入れられ度が違うと思う。

 まずスピリチュアルに嵌ってこれが唯一、至高、私は開かれた人!となってる人は大概現実バランスを崩してるから現実基準では決して並みの扱いを受けないと思う。
ちょっと違うけど、TPOを把握出来ている感じなんだなぁ、この人は。
 それだからこの人の主観を否定する事は出来ない上で、仮にこれが『眉唾物』だったとしての話ですが、それでもエピソードの数々はかなりの発想力と創造力に寄るものだと思うので、そっちの意味で問題なく読めちゃう。
 そのなかなかにハードな体験や、不思議な体験、ふむふむと新鮮な気持ちで読めました。いや、球場の女神様とか、狐との通じない関係性とか、なかなか面白いわ。
 しかし中でも寿命があと3年と言う話は衝撃的なもので、この本、割と最近のものなのですが、どうなるのかね…。

 まぁこの本を読んで、例えば霊能者カッコいい!自分も霊能力欲しい!とか思ってる人は考え直した方が良いんじゃなかろうか。この人の話を読んでいると、どう考えてもやっかいとしか思えない能力だと思います。
自己犠牲の精神って、まず魂のランクが違う世界の話だわ。(この世は修行の地ですから?)
 そしてあの外見の穏やかさと文章の真面さの中に時折出て来るそこそこ粗野と言うか、思い切った発言とか、…なんかギャップ的に面白い人だなぁと感じました。

 ところで、これ、誰に向けて、どういうメッセージの本??出版のきっかけは何??
スピリチュアルと言いつつ、そっちへ引きずり込む系統の本じゃない事自体、もう経済的に何狙いなのかが解らないよ…発行元。
単純に本人が書きたくて書きました…らしいのでそれだと分かる気がした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック