元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
ぼくらは怪談巡礼団

 ホラー界のお馴染作家さんらが行く、怪談の地巡礼旅エッセイ。…濃いな、おい。
しかしまぁ全員が作家ではなく、編集さんとかが混じってて、その分はアルファベット名になり少しテンションダウン。
やっぱり馴染んで知っている人と、匿名性の高い登場人物の絡みは現実なんだか作中なんだか微妙な気分になるわ。実在とは解っていても。

 さて、中身ですがまぁ相変わらず。
よく行くなぁ、感性高いですね、そして読んでる私も大概。
 作品と違って人となりが出て来る類の文章は、好き嫌い当たり外れがどうしてもある。
また単なるエッセイと違ってものがオカルトだしね。
 基本現実主義なんだけど、こう言う話が大好きで、信じないぞと言いつつ影に怯え、怖いから否定してバカにして、それでも手に取る―。複雑鍋。
私にとってオカルトってそういう物。
 立ち位置が難しくて、あえて直接的な接触は一切取ろうとしませんが、遠くから眺める事はガンガンしちゃう。
怪談?積極的に読むね!肝試し?行くわけないだろ、二度と誘うな!オカルトグッズ?信じないけどお守りは影響される。お化け屋敷?…いや、微妙な所。
 だから作り物ですと解っていれば無邪気に喜んでいられるのですが、本物です!と披露されるともやっとしちゃう。

 いや、体験談ですから否定するもんじゃありませんよ、こう言うのは。嘘とか真実は個々の意識がどう経験し、認識したかのインプット次第、フィルター次第ですから、百人に百通りの事実があるんです。
 故に他者が同じ認知をする事もまた不可能な領域なので、そこの辺りに『共通認識』出来ない苛立ちがある。そんなものを語る方と、頭から否定する方と、どちらが悪いとかで無くてね、世界観を…読んでいる間、共有したいじゃない?

 ただ読んでて思うのは、さすがホラーの申し子らと言うか、日常のすべてを怪異に出来る変換能力が皆さん異常に高い。その感受性の高さ故、ホラー作家で居られるのだろうと素直に拍手。
不思議な出来事は起こりますが、物語の様に因果まで含む事が出来ないのもリアル故です。
 でもそこはさすが作家さんの一団。同じ事件を視点を切り替えて語ってくれるので、そう言う部分は面白かった。あの時こんな風に見えたけど、当の本人はこんなつもりで…など、視点変更文章って、フィクションの中でやるよりも意外とリアルでやるのが思い付きもしない裏があって面白いなと感じました。
素知らぬ顔して面白い発想とか、恐ろしい発想とか…面白くて怖いのは人間の中身もその様です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック