元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
かつて誰も調べなかった100の謎

 サブタイトルのズンズン調査ってタームが英語で書かれているのだけど、ZoomZoomってのが良い訳し方だなぁとか妙な所にセンスを感じる。

 さて、中の文章も結構癖のある本でした。
何と言うか、白けそうな、或いはこのノリに拒否反応を示す人もいるだろう口調。
しかし私は意外と読めた。
 何せ、最初は「うーん…調べた内容は努力の人だけど、テーマがイマイチ…」と思いつつも読んでいる内にだんだん面白くなってきたもの。
 寿司の値段はどうでもいいが、落語の笑いの数とか、エンゼルマークの数調査、調査機関が一年を超えるものまであって毎回こんな濃い話をされていると段々聞き入ってしまうと言う謎のハマり方。ひとつひとつが最高に面白いとかじゃないんだけど、なんだが繰り返しの妙と言うか、感心し始めるんだよね。

 ネタとしてはとある文庫の背表紙の色分け、作者が好きな色を選ぶって話が面白かった。あと、巨匠とか文豪と名の付く小説家調べとか。
 話の中身で共感したのはただひとつ、『牛丼のつゆだくは米を殺す』って言う、調査と関係ない本人の私的な嗜好のみでした。うん、『侍みたいな米』、同感です。
(その話の時にはこの人、毎日違う支店の吉野家へ通い続け、牛丼の中身の写真を撮り続けたと言う…半端じゃない地道な調査ばかりやってるんですが、もしかして数を数えずにはいられない系の強迫観念でもお持ちなのかと疑い出すわ。)
 連載記事をひとまとめに、と言う事で一気に読むので濃度が濃いのもあると思います。
分厚い読み応えのある一冊でした。その詳細な調査に恐れおののく本。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック