元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
データの力
 何気に自分の掃除頻度を知るために、ちょっと前から点けていた掃除表ですが、思いのほか役に立っていて苦笑いするしかない最近です。
手順的には単純に、『掃除したら日付を入れる』『新しい掃除部分は都度項目を増やす』…だけの話なんですが、これだけでえらい捗った。

 いやね、まずやはり自分の掃除頻度が知れたのがでかい。
―大雑把!何と言うか潔癖症的な疑いは完全に吹っ飛んだし、物の汚れがどれくらいで来るのかそろそろ解り始めてきた。
 あと記憶力のなさのカバーね!
どこをいつ、どんな掃除をやったかそれを見ればわかるので、何とはなしに次に時間があったら、ここをやればいいとか、あそこ忘れてるとか明確に把握出来る。
 これ、いつもは汚れが目についた時にその箇所をやるんだけど、当然汚れが溜って解るレベルになってから始末するよりも、それ以前に掃除しちゃう方が、一定の綺麗さをキープ出来る上、いざ掃除自体の手間もかからない。
そうよ、蓄積した汚れの取りにくさと言ったら―。
 難点は『綺麗にした!』っていう目視のし辛さとスッキリ気分がない所だけど、手間暇の効率はかなり良くなるわけです。
 掃除場所や方法を気付いた度増やしていくのも、「あ、そう言えばこの部分、やってなかった」と忘れる可能性がどんどん低くなっていく。
始めてすぐここら辺が把握出来るわけでないんだけど、そこそこデータが溜まっていくと途端に見えて来るのね。
 
 ここら辺は本来こまめに掃除する人はいちいちメモしなくても身に付いてる事なんだけど、改めて掃除を習慣づけようとする時には良い方法だと思ったわ。
整理整頓は得意だけど、掃除はイマイチだったから助かるライフハック。
 勿論頻繁にやる部分は記録のつけ忘れもあるくらいだし、一目見てたくさんしている掃除とそうでない掃除は解るから、その内習慣化してきた項目は消していけばいい。
こんな几帳面な記録取るのも身になるまでよ。

 これ見てると、自分が考えなくてもやる頻度の高い掃除って、とにかく手軽さがものを言ってる。
毎朝、身支度した後に隙間時間があったら、机やドレッサー、鏡や額縁、タンス…と埃取りだけはするんだよね。これはもう手にしたタオルを脱衣籠に持っていくまでで流れが出来ている。
 一方ステップ数の多い掃除と忘れがちな部分は、当たり前に頻度が低くなる。
例えば踏み台が要るとか、溶剤を作らないといけないとか、置き時間が要るとか、普段開けない所とか―。
 以前は大掃除の時すら忘れる事のあった三和土の掃除なんか、試しに傘立てに箒一本突っ込んで置く様にしたら、帰宅時にやるようになってきたもん…。エアコンのフィルター掃除とかも普段意識してないからすーぐ忘れるけど、書いていると忘れない。
自分の面倒臭さがりと記憶力のなさ、さすが。
 サボるためにこんな手間暇かけてデータ解析して…って本末転倒なくらいに面倒臭がりの上、記憶力がないとか、自分の弱点は重々知ってるくせに、それが掃除にも響いていたとは気づかないでいたよ。

 あとはデータから改善したのはやはり、『少しでも汚れを溜めない』事。
いや、溜るのは前提なんだけど量をちょっとでも減らそうと言う魂胆ね。
1年一回大掃除よりも、半年中掃除、はたまたそれ以上…と言うレベルで良い部分。
 これは当然大掃除で苦労した記憶のある掃除に関して。
例えば排水管。
 ここはねぇ、汚れが落ちないとか以前の問題として、精神的に躊躇する掃除ヶ所なので、それも含めて気付いたら重曹やらをぶち撒く方式を始めました。
やらないよりマシ!の精神で、触りたくなければ撒くだけでも違う(はずだ)から。
 とは言え掃除用具入れから袋出してきて、スプーン突っ込んで粉撒いて…も意外と面倒かつうまく広がらない。
これは塩とかコショウ入れを一つ買ってきて、別置きした事によってストレスなしに手軽にぶち撒けるようになりました。
匂い防止にもなるんだよね。

 そんなこんなでこのまま年末まで行ってみたい。
はたして大掃除の時点でどれだけスムーズに大掃除が進むようになるのか。
これが良い結果に終われば、もう来年からは大掃除無しでキープしていくわ!

 …この面倒臭いから手間暇かけて色々やってみると言う本末転倒行為、毎度皮肉だのぅ…。気質的に分析・計画・実験好きだからやれるけどさ。(;^ω^)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック