元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
血が足りぬ
 健康診断でとうとう貧血ひっかかる。
今までギリ治療領域には引っかからぬ数値で済んでいたのに、今回はダメだった。言われてみればここ最近、貧血酷いんだけど、これ、血を採る時期によって微妙に数値変わるんじゃないの?ねぇ?(と言ったら常にずっと低いから貧血だと言われた。なるほど。)
 と言うのも、貧血にも種類があるもんで、単に鉄分が足らないタイプならその量で過多はあろうが、他の原因だとまた違うらしいんだな。眩暈に関していえば、いくつか症状どんぴしゃのものがあるし…、自分がどのタイプなのかもうさっぱりわからん。
 いつも適当な町医者で血を採られたらさくっと鉄剤渡されて飲み続け、あんまり楽になった気もせず生きてきましたが、今回ちょっと大きめの病院に行ったら、鉄剤すらもらえなかった。
 鉄分不足とは限らないから詳しい検査してから―とか言われ、今のこのしんどいのをどうにかする薬はくれないのかよと結果が出るまで10日間ばかり放置宣告。(くっ、正論だが、正論だが…。)
貧血なのに検査の血を抜かれて血を減らして帰って来たよ☆的な。
 今までの数々の即・鉄・病院らは何だったんだ…そしてプラシーボでもいいから鉄剤位くれてもいいだろう…?(と思っていたら実は鉄剤も必要もないのに取るとリスクがあるんだと。やだ、栄養補助剤の鉄剤すら気楽に取れなくなるような話聞いちゃった。OTL)

 まぁ大体私は年柄年中何か薬を呑んでいて、かち合うといけないようなものも飲んでる事が多いので、栄養補助剤すら複数を同時期に飲まないようにしています。その時一番気になる症状の薬だけチョイス。
今回の貧血だって他の病院の薬終わってから診せに行ったもんね。(じゃあもう10日間くらい待てよ…ってか?)
 ううむ、まぁ眩暈に関してはさっぱり予測が付かんが、鉄に関しては絶対足りないと思うんだよなぁ…最近涼しくなってきたのに、氷食べたくなってるもん。舌が熱い。

 しかし今回の件で病院にも色々あるなぁと思いました。
簡単に貧血かどうかチェックするのに、目の粘膜を見る方法があるのですが、同じ色を見ても違う医者では即貧血と判断する所もあれば、今回の様にそうとも限らないと判断をする所もある。
 薬の方針もね、患者としてはすぐに解らなくて不安且つ苛立ちを持つかもしれないけど精密検査してから、と言うのはまぁ…正しいわな。(健康診断ですでに調べている検査結果を持ち込んでるんですが、それじゃ足りないとか言われて、精密検査の血を抜かれるまで一時間程も問診とレクチャーをやってくれた丁寧なお医者さんでした。)

 しかし予想では特たる原因も不明で、献血センターの人に常に言われる「まぁ、体質」と言う感じで終りそうな気がするのは何故か―。(´_ゝ`)
血って…案外献血センターの人が的を得た事教えてくれてる気がするんですが。サンプリング数の差?(苦笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック