元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
神様ゲーム

 あ、この独特の装丁はミステリーランドのか…?(リンク画像とは違うハードカバーで読んだ。)
そう、分厚さの割には開くと文字も大きく間が広く、あっという間に読めちゃう、かつて少年少女だった大人と子供たちのためのシリーズ。お手軽に、しかもそれでいて上質なものが多くて結構好きだわ。

 さて、ぶっちゃけて言うとこの神様ゲーム、投げっぱなしで終っています。
ラスト…衝撃過ぎるだろ、驚かしゃぁいいってもんじゃないぞ。もっと、ほら、ないの?
根本的な所を謎は謎のままで終らせる代わりに、オチに思いも寄らぬ幕引きを持ってきたと言う気さえする。
 しかし。
そこに至るまで、ラスト数枚までは確かにハラハラドキドキしたのです。
 特にトリックが秀逸とか、動機がリアルとか、そう言う部分では何も感じる事がないのですが、まずは設定かなぁ。
転校生が、「自分は実は神様なんだ」と、全知全能の神である事を主人公にバラすのです。
 これ、普通ならパーフェクト系少年を思い浮かべる所なんですが、ここでは皆に馴染もうとしない、地味で暗い男の子でしかない。
ははぁ、注目を浴びようとしてありがちな嘘を言ってるな、と主人公もムキになって少年の言葉の矛盾を突こうとするのですが、まぁ口が達者で聞いていてやり込められる事がない。
 しかも実際に、全知全能だった―いや、マジで。
ここらでもう完全なるフィクションですよね。
 これ自体にトリックがあるのかと思いきや、そんな事なく、少年には調べなくても普通に犯人は解るし、天罰を当ててくれと言われれば当てられる…と完全千里眼&この世は神様の思い通り。
 いや、もう、神とか宇宙人とか、本気でその存在出してくるなら反則もいい所なんですが…。
 主人公も最初は相手の法螺に付き合っている、ゲームのつもりだったのに、いつの間にか信じざる得ない状況で、猫殺しや人殺しの犯人に天罰を!と願うのですが、それで死んだのはまさかの―?と、もうここら辺から完全ホラー展開に。
す、推理ものじゃなかった。ああ、ミステリーってまぁレーベルは確かに偽りないな。
死に方とかまた結構えげつないんですが…。

 まぁこの有り得ない動機や、主人公が10歳と言う設定の割に、好むものや反対にさめた物の考え方とか、ちょっと所々でバランスがおかしい気がして、物語にどっぷりとは嵌れず。フィクションを現実の様になぞる読書感はなく、むしろそれ用に作られた舞台や見世物を眺めている感じがしました。
その上で、奇妙な空気感や不気味さを楽しむ本、かな。
 ラスト以外は全編不穏な運び方が上手いです。日常がグラデーションに蝕まれて行く状況が、ひたすら怖い。
世にも奇妙な…とかで行けそうなストーリーでした。あ、これホラーとして考えると結構面白いわ。

 この『推理小説と思っていたら違った』時の文句たらたら感は何なんだろうね。見たかったのはそれじゃない、って一方的な読者なんだけど、実は作品自体は視点を変えれば面白味が全く違うと言うもの、多かったりします。個人の感想だから思った通りに書き留めるけどさ…どんだけカテゴライズやレッテル、思い込みに侵されてるのやら。(しかしその分上手く騙される確率も高く、どんでん返し展開が効果的な受け手だとも思う。)
まぁ少なくとも投げっぱなし謎系はスッキリしないと言う意味で好みじゃないんだろうな。
 自分一人の中でもこんなに本の面白さについて揺れ動くのに、個人個人で感想や点数なんて違って当たり前だなぁと思う次第でありました。本は結局味わってみなきゃ、解らない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック