元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
悲しみのイレーヌ

 『その女アレックス』が面白くて遡り。
シリーズ一作目。しかしアレックスの時はアレックスが酷い目に遭ったので、イレーヌもそうかしらと身構える。だってイレーヌは、主人公の刑事の奥さんなんだけど…。
 もうね、アレックスの時、主人公の奥さんの描写の詳しい所忘れちゃったから、不安が募るわぁ。

 で、最初はどうって事のない(とは言え猟奇的な連続殺人事件なのだけど)事件に煮詰まりつつ、絡んでくる新聞記者はしつこいし、初手から主人公の内側はコンプレックスでいっぱいだし、こんなもんかと言う進み具合。
ところが。
 ところが事件がどうも小説を題材にした模倣犯?と気づいたところから、ようやく知恵比べのゴングが鳴る。
 とは言え、事件ごとに模倣する小説は違うし、共通点もないし、次の本が解らなきゃ対処の仕様もない。
これは何というか、フェアじゃないよなぁ。
次の本のヒントや、規則性があるならいいけど、ないんだもの。
 それでいて犯人は主人公の事を気に入り、勝負を仕掛けてくる。
 実際に何の小説かはその道のマニアらが刑事から要請を受け調べ出してるから、主人公VSと言う気も言うほどしないし。
 驚いたのは、主人公が犯人を釣る為に新聞広告をうって、平気で自宅の住所書いたりするところ。
案の定これが後で最悪の結果を招くのだけど…。(まぁそれを頼らなくても、調べるくらい簡単に出来たけどね、犯人側は。)

 そして随分長めの第一部が終わり、終わりの方で第二部へ。え?こんなに量が違うの??ときょとんとしたが、きました衝撃の真実編。
 この第二部を読んで、ああ、やっぱりアレックスの人だ、間違いないわぁとしみじみと。
当然アレックスの方が色々な部分で上達が見られるので、粗削りな所はあるんですが、一気に今までのストーリーが様変わりで見えるフィルターの凄さが素晴らしい。
 たったこれだけの真実を挟み入れるだけで、物語は緊張し、この本自体をひっくるめて現実と虚構がせめぎ合い、融合するイリュージョンを見せてくれました。
この手のどんでん返し本は、最小限の仕掛けで最大の効果を得るもの程素晴らしいわけですが、この作者はそこら辺が上手い。

 最後の最後は本当にドキドキしながら貪るように読んだのですが、え…となるラスト。
これは…きっついなぁ…。
ハッピーエンドが当たり前とは言いませんが、悲しすぎるし、これでよくシリーズ物にしようと思った。
神はいないよ。

 ところで原題がどういう訳され方なのか解らないものもあり、さらには何作かすっ飛んで日本じゃ翻訳されている模様。ど、どういうつもりなんだよこの翻訳順…。
 とりあえずこのシリーズを埋めたかったんだけど、歯抜けならちょっと戸惑う。
待てばその内全部訳されるんだろうか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック