元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
天狗よ!

 小説なのか何なのか悩んだけど、解説本でした。
またもの凄い量の考察。
 ただ一つ、天狗を知るためにその軸どころか、それが発生した時代の流れを汲み、何故どのようにして天狗は生まれどんな風に活躍し、語り継がれていくのか―。
 そのすべての過程で理由付けされた説を提示しており、もはやこの構築にどれだけ傍流の知識が根底にあるかと思うと果てしない。
 例えば今のイメージに近い山伏との混同で、天狗の女性と言う存在は消された、とか(ああ、昔って女天狗が普通にいたんだ?)驕り高ぶる僧たちのイメージが天狗に傲慢と言う罪を擦り付けた、とか…。
(仏法に関わり合う者同士、僧との対決話は良くあるが、当時の僧たちがかなりの傲慢ぶりで、自然それと遣り合う天狗も同等あるいはそれ以上の強気で語られ、より傲慢とのイメージが沁みついた。ほほう、天狗って昔は『鼻高々』のイメージなかったのか。)
むしろ登場期は弱い存在であり、他の妖怪共々、やり込められるばかりであったらしい。
元々はこの字の意味合いも星だしなぁ…。吉凶の関係かな?

 さて、天狗には八大天狗と言うものがあり、それぞれ山を治めているのですが、場所が大体西日本なのはこれ、何故なんでしょうね?
時代的に東が開発され切っていないから…話にも入らなかったのかな。

 この本は妖怪としての天狗を、人間の思考回路、行動、時代の流れから読み解き、『人間が生み出した「天狗」』と考えるよりは『「人間」が生み出した天狗』と言う風にとらえたものに思えます。
 天狗と言う虚構の魅力に近づきすぎて、悪い意味ではなく現実を見せつけられたかなぁ。
妖怪、天狗の綺麗な舞台が見たかったんです。でもそれを映写機で映し出す舞台裏の方を見ちゃいました。的な。
 オカルト本ではない、歴史本と言うカテゴリーに認定したいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック