元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
イラストでときめく片づけの魔法

 話題過ぎて今更の初こんまり…。
この人のときめく系の本のタイトルが多すぎて、もうどれがどう違うのか、出版順も内容が改訂版なのか、ダブっているのか、解らない事だらけで、一番理解の早そうなイラスト版を選んでみました。
 ああ、うん、字は…少ないな。

 で、今更の驚きとして、この人の「ときめくものを」って言うフレーズ、本気で『ときめく』のときめきなのね。
いや、物の判断基準を上手い事説明してるのかと思いきや、胸がきゅんとして幸せな気持ちになる―えーと、恋愛の様な説明なんですが、物に対して、そんな、ある??え??
 …すいませんが、「便利!」「必須!」とか言うくらいしか物に対して思いませんが…。
あって「デザインが気に入ってる」くらいで胸キュンなどせんのですが…。
 じゃあ私、全捨て?え??
 まぁもっと緩く見て行けば「役に立つので好き」のくらいの好きでも言い様なんですが、このときめき判定、私の様に質実剛健派には役に立たない判定方法だわ…。
 物は物であって、99%くらいは必要か否かと言うカテゴリーでとらえているもの。
そう、例えば飾りものだとかぬいぐるみ、欲しいなぁとか思わんものなぁ。
(ところがこう言うときめき物がないとそれは理想の暮らしじゃないんだそうで。枯れててすまぬです。)

 というわけで初こんまり本。
ああ、うん、物を持ちすぎて何でも好き好きになっている場合には、『本当に好きなの、どれ?!』と迫る意味ではいいでしょう。
 あと、服から始めると言う原則、私とまるで判定でしたわ。
私は物捨て、服を最後にした方がやり易かったもん。
要る要らない・使う使わないの判定方法でね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック