元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
鍋磨き
 お家で居る間のゆとり時間が増えたため、普段見逃しがちな部分に目が届く第二段。
―鍋だよ…。
 前にも鍋磨きに勤しんだ事があったんだけど、その時は普通に売られている万能クレンザーみたいなもので磨いただけです。
…これが…なーんにも取れんのよねぇ…。
おいおい、このクレンザーやる気あんのか?焦げの一つ、黄色の筋も取れんぞ。お為ごかしにうすーく茶色い泡が立つだけ。
エコっぽく謡ってるけど、実際はエコ製品でもないしな。普通に化学洗剤だし。
 まぁその時はそれで終わりました。
次は重曹とかクエン酸で鍋ごと煮炊きするしかないなとか思いつつ。

 しかし今回、もう面倒臭くなり直に負荷をかけてやると決意。
どの道このままじゃオンボロ中古品、綺麗をキープするレベルの優しい手入れじゃ間に合わないんだよっ。(―と、トイレの陶器磨きした時と同じ心境。)
 はい、紙ヤスリきたー。(´_ゝ`)あかんやつ。

…だって重曹ペーストでもまだまだレベルだったし、それを煮炊き出来る容れ物もない。
 傷いくとか言いますが、焦げ部分がぶ厚すぎて多分問題ないんじゃないかと。

 今回のターゲット(実験体)はホーロー製の鍋。
鍋底どころか外側中央位まで茶色い物件。内側にまで焦げがあるって、どういう使用されてきてるんだ?何年物かもわかりません。
 台所から自室に持ち込み、机の上に新聞紙を広げ紙ヤスリをon。
数種類ありますが、気にする事無くざりっざりのやつを選び3段階くらいで磨く。
あああ…物理的な力って偉大―。(*´Д`)

 恐ろしいくらいに真っ白になりました。

(やだ、何でビフォーアフター画像撮らなかった?!)
 こうなってくると他のホーロー鍋、次にその他鍋類、銀色ピカピカが目立つ薬缶―と際限なく手を出してしまいました。
やだ、輝いてる。どれもこれも輝いてる。気分はすっかり銀食器を磨く執事―。
途中から手が怠くなり重曹で先に煮たり、束子で擦ったりもやり始めましたが、最終的には紙ヤスリ段階仕上げだな。
 どのみち買い替えるを考え出すレベルの年代ものばかりだから躊躇なくやってしまいたい―と思い始めた鍋磨きでしたが、見事に若返りを果たしました。
 見た目に幅取るものがピカピカになると、気持ち良いね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック