元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
修繕はいりまーす
 一通り掃除を終えて目に入った修繕箇所が気になる、このサイクル。
今回は棚の修繕やフックの配置換えなど、地味~にやっておりました。
 久しぶりに握ると錆びの移る金槌や釘抜きを手に、棚の耐荷重強化、配線留め、各所に散らばっている古い釘類を引っこ抜き…と椅子を持ちつつ上部を主に点検。
よし、これで桟や壁の段差等、上部の埃の溜まりやすさもちと改善。

 それもやり尽くすと、今度は古びた物が気になりだし、ちまちまと買い替え。
まぁ大体が最低限で用を済ませるんだけど、こうして少しずつ自分の気に入る、納得の行ったものと入れ替えて揃えて行くのって、やっぱりいいなぁ…。
 こうね、何かを買い揃えるのに、今あるものをわざと捨ててまで…とは思わないんですよね。
はっきりした目的がない限り、出来ればそれがご臨終される時に一新させたい。
 安いものだと若干『まだ変えなくてもいいけど、変えても悪くない』レベルにまで手を出しちゃうんですけど、許される範囲の出費と言うのが気分転換にも良し。
勿論要らないものは買っちゃダメだけどね。(なのでそういう自分の好みだけで変更をかますものは家計からではなく、自分の小遣いから支出いたします。)
 こう、あんまりにも『まだ使える』で見すぼらしいのもどうかと思うから、バランスが難しいんだけど、本人が気持ち良い範囲重視、かな。
 替えなきゃいけなかった洗濯ネットと洗濯干しを買い、ちょっと風呂場の掃除道具置きなどを改造したくてその材料。
それからトイレ掃除系の道具も全部新しいものに交換。
―おい、今日も掃除道具中心に動いているな。(苦笑)
 風呂場の掃除道具置きは、下に置くとスポンジとか乾かなくて不衛生だし、カビも生えやすいので、全部吊り収納に変えました。
いざ壁面吊収納にすると、家人の物は全部シャンプーだの身だしなみ用品。自分の物は全部掃除道具で笑える。(自分の身だしなみ用品は風呂場へ持ち込み方式にしてるんで、自室置きなんだよね。)

 掃除して、捨てて、修理して、新陳代謝―エンドレス。家のメンテナンスって、こうしてグルグル回っていくのね。
周回ごとに住み心地を良くしていきたいものだ。(*´Д`)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック