元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
もやもや案件
 先日の掃除祭りの際、換気扇内部をチェックしてますと、なんだか部品が落ちている…。

―(;´・ω・)ノ○ナニヨコレ…。

元の位置は把握出来たのですが、格闘10分、こりゃとてもじゃないけど戻せない。
大体落ちていたと言う事は部品劣化か??
少なくとも前回の大掃除時点ではくっついていた。
 その後調べに調べて部品名、用途等を把握。
急を要するものでもないものだけど、時間のある内に直してもらおうと業者の手配を依頼する。
こう言う時、大事に至る前に気づけるのが掃除のいい所よね~☆

 ―で、何が不思議って、『換気扇の○○と言う部品が~』まで説明したのに、来たのが湯沸かし器の担当。
…ん?え?
 担当者は部品名にも反応しないどころか、取れた部品を見てもどこの部分のものかを聞いてくる。
大体、レンジフードは開けても、換気扇を開けない―。
 用途と場所も説明してみるが、いや、おい、これ、専門外の人来てるよね??
「いや、うち換気扇の担当じゃないんで…」
 ―ってやっぱり換気扇の業者じゃなかったーっ!!OTL
「頻繁に掃除されるんですか?」と聞かれた時、言外に『ここ外してこんな内部まで??』と言う意味を察知してしまい、『え、そこ、素人が開けちゃダメな部分なの??やだ、壊したとみなされる??(;´Д`)』とびくびくしながら「頻繁…というわけでは…」としどろもどろになった私に謝れっ。(弱)
結局 「綺麗にされてますね」と言う意味だったから良かったけど、専門家に怒られるかとびびったわ。
 しかし逆に掃除しなさすぎでも『だから壊れる、メンテナンスはして下さい』とか言われちゃうんだろうか?目詰まりすると換気扇、役に立たないだろうしなぁ…。(油で可動部分が固まって、と言う故障が多いらしい。)
なんだって煙の中にあんなに油が含まれてるのか、科学的に煙の構造を知りたくなるな。

 それにしても手配人、最初からピンポイントで部品名まで特定して説明したのにこの仕打ちは何なの。
業者と自分の手間を最小限にするべく、見に来て、部品手配して、取り付けまでと言う一連の流れを一回で済ませられるようにこっちで調べたと言うのに…。
普通なら見ずして交換用品持って家に来て、その場で取り付け、完了案件だろ??(;´Д`)ノシ
 手配人のせいで最小限どころか通常の二倍労力と時間がかかる事態に。
おのれぇ…。
 換気扇の担当者もさぞかし気まずかろうて、無駄足お疲れ様です。
 まだねぇ、曖昧に故障個所を言って、別の担当ですね、はいいんだけどね。
自分で調べた意味を棒に振られると言うのがじわじわ来るわ…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック