元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
一人暮らしの女の子のための88の法則

 普通に防犯本として読む。

 のっけから細かく隙のないチェックポイントでなかなか出来そうにない。
まず、一人暮らし先を決める時、周囲の住人に話を聞くとか、出来ねぇ…。
それ自体が不審者と思われかねないし、声かけづらいよね。
まぁ安全な暮らしのためと言う意味ではそう出来ればいいなぁ、と。
 鍵の話に至っては、補助鍵や強化ガラスとか、防犯の道は厳しいね。
なかなかやらないレベルではあると思う。(そういう対策が如何に周知されていたとしても。)
 3階以下の住人はベランダからの侵入に注意。隣との壁や窓の風景、etc…。
こう言うのお試しで暮らさないと解らないから!
(夜の雰囲気とかもね。)
 常々思うのですが、知った場所じゃない以上、その物件に2週間くらい泊って決められるシステム欲しいわ。

 あ、あと中でもハードル高いなと思ったのは、『盗聴器や盗撮カメラが設置されてないか調べましょう』と。
さらっと…!!探せないよ?わかんないよ?!
 業者に頼むしかないと思うのですが、逆に業者が仕掛ける側って犯罪もあって、もう何が防犯なのか怖いったらありゃしない。

 …うん、この本、確かに全部やったら相当隙が無いし、理解できる項目ばかり。しかしいざやるとなったらなかなか気軽な感じにちょいちょいと出来ない物が多いです。
城壁は一夜にしてならずですよぅ。

 まぁ詳しい、本格的なのは良いんですが後半からはやたら一人暮らしじゃなく実家暮らしでも引っかかる普通の犯罪の話とか、性別も関係ない話も混じってきて、すっかり犯罪手口本に。女性ならではの注意点…のみの本ではない模様。
 まぁ共通項の話題もして当たり前なんでしょうけど、女性が気を付けないといけない知識を求めてこの本を手に取るとちょっと読めるところ少ないかなぁ…。
 著者も、女子学生の意見を聞いたとはいえ、男性なのね…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック