元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
山の神と日本人

 ゆっくりと山に浸る時間。
 私はそもそも海よりも山と言う人間なので、環境的にも、精神的にも山に惹かれます。
神様も同じく。海の神様より山の神様により畏怖や敬虔な気持ちを持ちがち。(畏怖と言う意味では海は怖いんだけどさ。)

 山の神、と簡単に言いますが、それは女だったり男だったり、はたまた異形だったり、色んなものが山の神として銘打たれています。
日本で、果たして山の神と言う存在は一体どのようなものであるのか?
 改めて耳を傾けてみたい。

 山の神は春に山から下りてきて田の神になり、収穫を終えると再び山へ帰ると言われていますが、そもそも農民たちの山の神と、山人の山の神ではやはり性質も異なる様子。
 色んなシチュエーションの山の神が説明されているのですが、本当に民俗学宜しく、どうやって聞き集めたのかともう程のマイナー情報だらけ。
 ただ情報が多すぎて、それを系統立てて整理出来ているかまではちょっと微妙。何せ把握しにくい。
最初の一歩として山の神が女なのか男なのかも謎だし、結局は地方の祭り方の数だけ山の神が居るわけで…。
 その意味で、各章で個々としては読めても全体としてはあまりに広大なフィールドのため、秩序だった『山の神大全』にはなっておらず。
あくまでも日本人(地方それぞれ)の山の神の接し方を羅列したものと言う印象。
 ふむ…答えの出ないものの解説ってちょっと座りが悪いもんだな。
しかしそこら辺は著者も理解の上、むしろまとめようとしたらあまりにもたくさんの山の神の形が在って、従来の簡単なイメージでは済まなくなったとあります。
いっそ遠野物語的拾遺譚とした方が馴染深いかも。
それだけおよそいろんな山の神の逸話が読めます。

 山の神は謎のまま。多面性を知る、そんな一冊でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック