元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
映画『ONE PIECE FILM GOLD』
 いつも観てるわけではないんだけど、原作者が絡む映画となるとどうしよっかな~?とかウロウロしていた中、急に見る気になり連れに強引に付き合わせる。
 いやぁ、これがね、良かった。
駄目なところなかったわと言うくらい、密度が高かった。
あれだけの時間に各エピソードの配分がよろしく、色んな話が見れたもの。

 OPから音楽とのシンクロばっちりのカッコいい戦闘シーン。
元々これ系の音楽好きだし、久しぶりにサントラ買ってもいい気になる。
 ゲストキャラらのデザイン好き。まぁ声は声優との差が気になるんだけど、各キャラの個性付けも敵グループとしてまとまり良かったな。
そういうキャラが出てきたら卑怯だと思っていた運気を操るキャラとか、今後の戦闘シーン、期待しますでしょ。
 基本的に舞台がカジノだけに一味の着る服も毎度の映画宜しくとてもスタイリッシュ。進入時の変装類だけはおかしい事になっていたけど、色を揃えてくれる服とか見ていて気持ち良いもの。
 これにナミの昔馴染みとか、テゾーロのフラッシュバック、CPの一部その後、革命軍…と見事にエピソードを埋め込んで来た。
 細かい所で感心したのは、スパンダム(相変わらずの小物臭(笑))が、性格はアレだけど金に対しての反応が結構プライドあって(それでいて空気読むけど)ちょっとへぇ、と思った。
まぁルッチより目立たんでいいんだよと思ってたが、なんでこの二人が宣伝時のメインビジュアルにやたら載っているのかが謎でした。(サボとかは入れないのに?ドレスアップの違いか??)
 とりあえずルッチの電伝虫の切り方は相変わらずだし、この人、海軍トップや天竜人にすらあの態度で大丈夫なの?CPって、そんなに権力あったっけ?世界政府だからなのか天竜人の命令だったからか知らんが、見ていてこっちがヒヤッとした。
(この映画に出てくる天竜人は基本的にモブなのでホッとする。)
 なお付いてきた小冊子でスパンダムの失脚はCP9が焼きを入れたせいだと信じていましたが、これも父親の関係と書いてあってえー??となった。
 このルッチと戦うのがサボなわけでそりゃまた豪勢なんですが、火拳と言われてサボなのがまだまだ馴染無くて違和感の登場シーン。(苦笑)
この二人の戦闘シーンは綺麗そうなのでもっと見たかったんですが、まぁサイドだしね。
でも会話シーンはなんかお互い淡々としていて良かったな。(オマケ冊子に付いていた会話部分はカット??)
 海軍ほどにCPが麦わらの一味や革命軍を捕まえようとか潰そうとか躍起になってない所が、立ち位置の違いや本分の弁え方を持っていて面白い。
 コアラは本当にちょっとしか出ないけど、相変わらず可愛いです。サボと二人の所、本当好きだわ~。
何と言うか、強い人に強いキャラって、良いよね?
 で、一瞬コアラの顔が女狐ちゃんと見分け付かなかったのは内緒ですが、ビジュアルなぁ、女狐ちゃんのデザインは好きでも、かと言って嫌いでもなくなんですが、本業泥棒でよく歌姫稼業でテゾーロに取り入れたなぁ、と。とりあえず歌は良いとしても笑い声だけめちゃくちゃ浮くんでどうにかして下さい。
 昔のシーンではこの子13歳らしいんですが、この世界のローティーン(子供もだけど)のやる事成す事独り立ち根性凄すぎて怖いよ。
命がけ生き様が多いけど、ナミもセットで大概なエピソード。
 てっきり屈辱のアーロン一味に助けられる(見張り付いてないけど、実際ナミ死んだら困るんでしょ?)系かと思ったけど…。

 女狐ちゃんは口八丁な生業だけに、寝返り裏切り…とこの辺りでいい動きをしてくれる。
今回の映画の『騙される方悪い』は本当にこの出し抜き方の手法や流れがいつものドンパチ以外で楽しかった。
小さなところではウソップが相変わらず冴えた勝ち方するしねぇ。
 なおラストの女狐ちゃんの罠はオチが読めていたので私的に残念。あれは読めない方がグッと来ただろうに。
 ちなみに戦闘シーンは、メインのゾロが…囚われのお姫様役だもんなぁ。あ、刀無しはもう剣士としてどうかと思うんでやめて下さい。(苦笑)
 それに基本的に立ち回り上ずっと自由だったサンジ。
サンジですらもうちょっと目立っても良かった。
ラストのルフィとテゾーロの戦闘以外は、今回軽めだなぁ、と。
(所でサンジ、金に浸かるシーン、貴方飛べますよね?)

 他、舞台とか、カーレースとかあるせいだろうか、所々ルパンを思い出したよ~。
車飛ぶところとかジャンプスーツね。そういやイタリア調だったり、女が皆峰不二子級だから?
 全体的に色合いがゴールドを始め派手な色合いなんだけど、CG処理がしっくり来てるので、ペタッとした下品な感じにはなっておらず、また、線や動きが綺麗なのでビジュアルも良かった。一番最初に金粉が降ってくるシーンなんかCGならではだよね。(なお一も二もなく体に付いたら厄介だから日傘差してぇ…と思っていたけどそれが正解で笑った。)
 キャラ的には毎度ロビンが一番好き。眼鏡…いいね!ロビンは綺麗なお姉さん系だから、ちょっと可愛い格好をする時すら全部良いわ。
次にルッチ。白スーツとかズルすぎ。

 あとね、ED、短過ぎない?
昨今ただでさえ長っい曲を2曲流してエンドロールやるような映画が多いのに、短かった。
スタッフ、そんなので収まりきれる数なんだ?だれなくて良かった~…。動きがなかったしね。
 時間以上にボリュームたっぷりの映画でした。面白かった!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック