元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
霊能動物館

 安定の求心力、加門七海。
今回は動物にかかるお話を揃えているという事で、もうなんか、この人のは仮に地雷があろうが基本的に筆力の高さとぶれない作風で読んじゃうんだよなぁ。
 あ、地雷と言うのはオカルト系特有の、『伝聞形式の話はまぁなんとなく聞いていられるのに、本人の体験談になると何故かいきなり一歩引いちゃう』って言う説明出来ない感覚です。
 何故だ?都市伝説や噂の伝播は文化だが、そうと思い込む体験談には眉に唾付けちゃうからか?
おっと眉に唾なんて、これこそオカルトだ。

 そう、私たちは理性的であろうとしても迷信や恐怖、良心に振り回される。
今回はテーマが動物。
普段世界の頂点を人間としていながら、動物と言う存在に私たちが何故敬い、恐れ、奉るのか―。
この点を掘り下げ、オオカミや狐、カラスに蛇…色んな動物毎にテーマを区切り、さすがの大系を語ってくれます。
 そこには故事から始まり、現実的に人間を襲う等といった一目置かざる得ない状況がまず、ある。
或いは人の役に立つが故、語られるもの。
 人間との関係の中で動物は『語らざる得ない』愛憎の対象となり、強い異能を持つものは、良いものも悪いものもひっくるめて神や霊と考える日本人の心の中にしっかりと根付きます。
 それぞれの関係性がどういう伝播となり、霊験あらたかな属性と繋がるのか、さすがの知識でどんどん繋いでくれます。
ここら辺はもうわざわざ調べなくてもこの人の中で幅広いオカルト知識が網の目の様に繋がっていくんだろうね。
 昔話とかの例もたくさん披露してくれて面白かった。オカルト知識と言うだけの話じゃなく、歴史的な逸話なんかは単純に博識なわけですよ。
 また各地の信仰体系。
犬や狐の辺りはやっぱり濃厚に根付いていて、ぞくっとするものもある。

 基本的に恐ろしい霊異譚の中で、動物と言うちょっとほっこりしたテーマな分、気持ち軽めには読めるのだけど、内容はとことん充実、濃いお話。
民俗学とかの軽めの論文をそれぞれの項ごとに読んだ気にさせてくれた一冊です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック