元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
一路 下

 上巻の中でも、要所要所の侍や人々が、いちいち熱くてぐっとくる彼らの背景とエピソードが多いのですが、下巻でもそれは続きます。
 なんとしてでも予定通り参勤行軍を続けたい主人公と、無理はせず回り道をせよと言う宿場の責任者。
どちらも己が務めに誠意を持った上での意見のぶつかり合いだが、悪しくも殿がその是非を決める事となってします。
これには殿、大弱り。
どちらの者もよくやってくれており、片方を立てると言うわけにはいかない。
 この先、毒見と医者、お殿様同士の克ち合いと決断を迫られるシーン満載で、ここまでくるとお殿様の資質もバレようもの。
やはりこの殿さま、うつけなどではなかった―。
 のほほんとして見せかけながらも、その判断や結果に間違いはなく、殿の実力を見抜いている他藩の者達もちらほらと…。
 一方、お殿様同士は上下関係が大事、その危うい所で殿が失敗して失脚すればよいと企む輩らは、なかなか思うように事が進まずイライラ。
殿は臆病者だから刀は抜くまいと、喧嘩っ早いお付を付けるとか、てっとりばやく毒薬を盛ろうとか…参勤行軍以外にも事件は起こりまくるのです。
 下巻は殿の活躍が多くなってくるのですが、一方主人公の方は、道中に出遭った姫に一目惚れされたりとロマンスも。
一瞬応援しかけたが、いや、婚約者居たわ、この人。
身分違いもあるけれど、まるでその気になっていない主人公がこれはこれでどうかと思えた。
姫の方のエピソードは切ないものだったしね…。(まぁ百万石のお姫様と他藩の下士侍じゃ絶対的に無理な組み合わせですけど。)

 さて、行く先々で縁やゆかり、誠実さで味方は増える。
彼らは蔭に日向に参勤行軍に加勢してくれるのですが、どの人々も生き様が、大和魂が熱い。
 義に死するのは今の時代から見ると到底ナンセンスに思えるけど、だからこそ殿の腑抜けと言われようが人や実を大事にする姿が生えるって言うのもあるわ。
死んで花実が―、正に。
 下巻の後半は怒涛の様に過ぎ、もはや悪者達にすら一本筋まで通る始末。モブまでもが人の心意気を見抜き、とことん居住まいを正したくなるようなエピソード満載。
 無事江戸に付いたその後も、最後まで息つく暇なく大舞台は上様との対面に行き付くのでした―。
(これ、参勤交代が3年制である前の話なのね。なるほどなぁ。)

 ハッピーエンドでホッとすると言うより、読後は清々しさと、己の生き方を問い直される作品でした。
良書。おススメ本。
ストーリだけでなくキャラや、時代小説だと言うのに読み易さ―どれをとっても文句の付け所がありません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック