元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
図書館「超」活用術

 「超」…なのか?
ちょっとタイトル、盛り気味かしら。
 ネットで調べるのをけなし気味なんだけど、どうだろね。本に間違いがないわけでもないし、圧倒的なスピードや拾い出しは正直ネットに負けてるわけだし。
 本を手に取っていい部分と言うのは、その必要としていない部分に目が留まって新たな気づきや好奇心が湧く所にもあるから、どっちも活用すればいいわけだけどね。
(この人もそう言いつつ、何故かネットを一段下に見てる気が…。)
 まぁ確かにネットもリンクの海にはまり出すと時間泥棒で、そこは共感する。

 活用までは良いけど、「超」だと思えないのは、辞書の引き方を知らない子供に、辞書って便利だよ!引き方はこうだよ!と得意気に話しているように思えるから。
それは図書館で言うと、分類の数字だとか、探し方、ね。
 多分、図書館を利用してる人は案内板に載ってるし、本にもシール貼ってるし、自分ですぐわかると思うんだけど…。
 そして探し方については結局館内データベースも使うんだから、ネットに近い。
実際、何の本を探したい、と言う時、世の中の人は本当にこういう探し方、言われないと知りもしないのかな?至極当たり前の方法でちょっと拍子抜け。
普通に図書館の案内本として、タイトルさえ盛ってなきゃここまで期待外れには感じなかったけど…。
 ちなみにキーワードや、関連ジャンル、むしろこの人の様に図書館を活用しまくってる人以外、まったく普通の人に目的の資料を見繕って下さい、としてその過程を見てみたくなった。右往左往するのかしら?

 あと自習禁止だから、図書館で何かする時は図書館の本をひとつでも使用しようと言う件は、なんかマナーを逆手に取っている様で感じが悪かった。
(図書館の自習問題って難しいんだよね。)
学習の場だから図書館で勉強している人を見ても、私は何とも思わない派なんだけど、こういう事自信満々に言われたらもやっとする。
この人の場合は図書館で自分の仕事をするそうで、うん、まぁ、お互い遠慮し合う気持ちが大事だと思うよ…。
 この項目は書かなかった方が良かったと思えました。

 ちなみに良かったと思えるのはレファレンスや有料データベースは知らなさそうな人も居そうだと言う所と、図書館が無料だと言う意義とその歴史、そして本を無料で借りれる場所ではなく、誰にでも情報公開される場所だと言う考え方。
 最後の方にここら辺は書かれているわけですが、この本、図書館の歴史だとか、意味、その上で図書館に出来る事、その可能性などをアピールする方向で書かれていたらすごく良ったのになと思いました。
正直、最初に図書館の説明リーフレットを貰ったら、ここに挙げられている活用術はちゃんと書いていると思うので…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック