元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
ムーミン谷のひみつ

 なんとなくサザエさんの並びでムーミンをば。
正直原作を読むと言うのも良さそうだったんですが、かなり暗いっぽいので軽めから攻めるか。
 思いつく秘密と言えばヨクサルの所業あれこれかなぁ…。
おかげでスナフキン、結構めちゃくちゃな性格らしいし、ミィとは姉弟だし…。
 あとムーミンとGFの種族が実は違うとか。(GFは原作はノンノなの?フローレンなの?)

 ひみつ…と言うとズバリではないのですが、改めて知ると知らなかった事が多いムーミン。
TVアニメしか知らないわけですが、原作だとムーミンの家って、スノーク兄妹やスニフ、スナフキンと他色々が一緒くたで住んでいるらしい。…ぇ、超ヒッピーの香り…。
 出るも自由、入るも自由らしくて、住人のほぼどいつもこいつも放浪癖があるんじゃないかと言うくらいのアナーキーっぷり。
TVだと町なのにねぇ??
自由人もスナフキンだけじゃない??
 原作じゃむしろムーミンのママとかが、平然と旅に出るべきとか言ってムーミンやスニフ達に旅を勧める始末。

 あ、あと基本的な事ですが、原作者、私は夫婦作家だと思っていたのですが、女性作家との事。
えー?そうだったの?!
夫婦作家…誰と勘違いしてるんだ、私は?

 で、意外なほどたくさんのキャラがいて、アニメでしか見た事がないのでほぼ忘却の彼方。
居た…ような居なかったような。
あと皆性格が、基本的に可笑しいと言うかその根底は暗い。
 ムーミンの原作って、暗いし重いと言うのは知っていたけど、問題のあるキャラばかりだったよ。ストーリーも、哲学的だし。
あの挿絵とか、もうどうしようもない影があるよね。
北欧の方にある独特の雪に閉ざされた灰色の世界と言う空気が、全編に沁みついている。
 原作者が日本のアニメに、『こんなのムーミンじゃない』と言うのはよくわかるわ。
『楽しいムーミン一家』だなんて、本質的にあの作品は楽しくなんてないもんね。
(何故に日本側はこれでアニメをしようとしたんだろ?色んな手を加えてまで。)
 まぁ大概、日本のアニメの方もそのレベルで色彩とかにどうしようもない重さを感じさせていたけど。
 他、キャラの名前が結構改変されていたと知り、驚く。発音の問題もあるのかなぁ??
 作者はムーミンに惚れ込み、原作を読みたくて語学選択までした強者。
読み込みはばっちりです。

 こうしてみると、世界のキャラクター物って、大概抱えているものが重い事が多い。
スヌーピーとかハイジとか、風刺とか宗教、いろんな思想が組み込まれている。
日本は…お気楽なキャラ優先、本気の子供向けっての多いよね。だから余計に『○○のひみつ!』みたいな本が多くて、実は設定が暗かったとかで盛り上がる。
 このムーミンの本、最初はその手の『ひみつ』系かと思ったけど、いやいや、元から秘密でもなんでもないから、面白おかしく煽動するのでなく、真面目なムーミンの案内書と言った感じです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック