元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
キャラメルの値段

 駄菓子の時代、10円20円で何が買えたのかと言うノスタルジックな本。
まぁさすがに知らない時代ですが、今でもあるお菓子も当時のパッケージと値段で昭和感満載で紹介されます。
(ラムネとサイダーの違いが判らない人間ですが、そんなに違うの?)
 しかし後に行くにつれ取り扱う物の値段が段々高くなっていき、100円、1000円と…最終的には赤ちゃん用品から学生用品、花嫁道具と家電―数万の世界へ。
あ、全体的な値段の本なのね。サブタイトルがちょっと…。
 昭和日常博物館の学芸員さんが書いてあるだけあって、その資料の所蔵数と写真は物凄いものです。
更にご自身(多分)の昔の物もよく取ってあるなと言うくらい詳細で、昭和30年代と言う世界にタイムスリップするかのような臨場感がページから溢れ出します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック