元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
映画『デッド・プール』
 まさかのデップーさんが映画になるとは…。
大喜びで観に行きます。
 ちゃんと原作で知ってると言うよりはそこらここらで顔を出しまくりのゲスト、サイド、二次、ネタ諸々で認識していた型破りな彼。面白くないわけがない。(ストーリー的に面白いかは知らん。)

 さて、演出的には勿論第4の壁を越えまくりの彼ですが、一言でいうとこのストーリー、デップーは意外なほどに『まとも』でした。
もっとぶっ飛んだヤバい系の人かと思いきや、まぁ破滅型でありお調子者、暴力に抵抗のない所などやりすぎの所はあっても、芯の所がまとも。
 何せ今回の映画は、彼自身のラブストーリーでもあったので、そんな純愛が絡むと行動倫理は観客と一致するもんで、理解出来ない問題児としての彼でなく、愛を裏切らない一人の男として共感出来ちゃう。
 勿論下ネタだらけでお下品かつ残酷描写ありの15禁ですけど、言うほどの強烈さは無し。
 また、銃撃戦も雨アラレよりかは、一撃必中の戦い方で、派手にぶっ放せばいいんだよと言う大雑把な戦闘シーンよりもずっと見ごたえあった。
刀のシーンや素手での殴り合いの方が多いくらいだしね。
 基本世界観がXマンのものなので、ミュータント能力も使用されるけど、飛び道具がないのが良い。
出演料だとか吹聴しちゃってるけど、メンバーの選択肢が鋼の体と、せいぜい火薬娘で、敵も馬鹿力、痛覚無しと言うだけのものだったし。肉弾戦万歳。
 デップー自身は元兵士かつ不死身の再生能力だからまぁいろんな戦闘で有利なのはあるんだけど、それにしても敵が単なる医者(っぽい?)で痛覚無しと言うだけなのに、やたらと互角に渡り合ってて、あれは後半理解出来ぬ…。まぁ悪の組織(笑)だし武闘派なんだろうけど、あれだけ体に損傷受けてたら痛くなくても動けないとか、死んじゃってると思うのだけどね?

 全体としてはデップー誕生秘話でもあるのでそういう意味では面白かった。
彼のヒーローなんてならないよと言う考えが、「こんな悪者のさばらせておくくらいならヒーローなんてくそくらえ」ってラストがまぁ小気味よい事。
トドメ刺して正解。
 逆に意味はないがセーフティネットになるべくXマン側が、あそこまで分かり易く優等生セリフ吐くから映える所もあるね。そういう意味でもXマン側の人選は正解と思えた。(しかし彼も女は殴らない主義とか言っておいてあの手の平の返しようはないだろ。(笑))
 色んな所に小ネタを仕込んでいて『デッドプール』の映画と言う期待は裏切らないのだけど、タクシーの運ちゃんや盲目の老女など、脇もいい味出してて、ノリやテイストをすべてにおいて揃えてきている感じが○。小難しい事抜きに楽しめる映画でした。
しかしあの衣装が自作だとは知らなかった…。(笑)パワースーツですらないし、器用過ぎだぞ。
 最後、始終彼が明るいので、割とあっさりと終わったなぁと言う感想を持ちましたが、違うわこれ、シリアスで同じストーリーやったら相当ダークな話だよ。(苦笑)

 そしてデップーの映画だと分かっているのに、エンドロール最後まで観ない人の気が知れない。
他の映画はともかく、これにオマケがないわけないだろうに、本気か?と立ち去っていく数人を信じられない思いで見ました。
ラストのラスト、彼の去り際のあいさつ、吹き替え版で観たので何と言っているか聞き取れなかったんだけど、あれ、何語?囃し言葉?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック