元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
ヴェネチア人 沈みゆく海上都市国家史

 一方こちらは、ドイツ人の書くベネツィアの歴史。
日本以外の他国から見た視点はどんなものなのか、一国の歴史観を比べてみるのも面白いかもと読んでみる。
 ざっくり読みましたが、まぁ取り上げる出来事の強弱や当時の手紙などの言い回し、ここら辺の違いはやはり差が出てなかなか興味深く。
ただ全体的な流れは(歴史なんで)当然同じような形で、しかし個人的にはやはり微に入り細に入る塩野七生氏の著書の方が面白く感じました。
翻訳物と言った多少の文章の固さもハンデがあるかな?
 そう考えると些細なニュアンスの違いが文章に出るわけで、言語問題としても興味深いもんです。

 この様な目論見で手に取ったため、ざっくり読みで終ったわけですが、勿論この一冊で十分な内容。
他国から注目を浴びる海上都市、ベネツィアはやはり魅力的だと頷きながら本を閉じます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック