元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
持たない暮らし

 まぁ特別真新しい事は言ってないんだけど、やっぱり寄った意見に思えた一冊。
自分の生活を説くのは良いんだけど、何が必要ないとか、押し付け気味に感じて気持ち良くは読めず。
紙袋やめろとか、ぇぇ~…もうそこまで行くと美的感覚とかの問題入ってない??
 あと若い時の服がそのまま入るので着続けています―ってのも、歳を取ればそれなりにその時に合った格好ってあるもんだし、万人が年齢不詳な格好をアリと言うかは微妙そう…。
 何と言うか持たないと言うよりは、持つんなら良いものを―って感じか?物が特別少ない感じもそう受けなかったけど。
消耗品的アイテムも、良し悪しだと思うし。

 物を増やし続ける現代病みたいな人にはこれくらいのインパクトでアピールするのもいいでしょうけど、もう少し中道なシンプル断捨離系の本はないものか。
最近、荷物少ない方が凄い、えらい、価値がある生き方―みたいな本が多くなってきて極端な気がする。
 何でも自分に『適切』なのがいいのであって、物が多くてお悩みの皆さんは自分に『過分』と感じているから捨てたいだけであって、極限を目指したいわけじゃないと思うし。
 『適切』で留める所も指南してこそ、断捨離本だと思いたい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック