元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
古代文明の謎はどこまで解けたか 1

 …あ、1って書いてあったわ。
なんと元の一冊を数冊に分けたと言う、その内の第一分冊。
えーと、これだけでもすごく字が詰まってて、分厚いんですけど。(怯む。)

 なお、中身も相当気を引き締めてのって読まないと、頭に入ってこない入ってこない…。
なんせ、密度が濃い。
 正直、『どこまで解けたか』に興味引かれた読んでいるんですけど、さくっとさらっと手短に説明してもらえるもんでもないのね。(そりゃまぁ学術的にそうか。)
 雑学本でなく、ピンポイントなジャンルを全体的な体系から拾い上げていくような本です。ある程度の基礎知識がないと素人にはつらい感じでした。
タイトルで本を選ぶと往々にして本の重さ軽さを見誤るわ。
 内容についてはアトランティス、ストーンヘンジ、ピラミッド、モアイ像…とこれ、どういう集め方だ?と思いきや、この巻は『失われた世界と驚異の建築物・篇』と言う事らしいです。

 中々飲み込めなかったので、続きは無し。
話題は興味深いんだけど、集中力が付いていきませんでした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック