元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
物選びのこだわりって、別に美学じゃない
 汗の季節の方が頭皮の匂いが気にならない、湯シャンもしやすいと言う事がシーズン通して得た経験。
そんな夏です。新陳代謝の勝利。

 はい、用意していたアリバイシャンプーがそろそろ底をつきそうです。
(アリバイシャンプー:実際には使ってない、または万が一のために一応置いてあるシャンプー。使うつもりがないとは言え選び抜いたオーガニックものではある。家人や来客に対して不信感を与えないためのデコイ。)
使ってもいないアリバイシャンプーがなんで底をつくんだよと言われれば、家人共用にしているからです。
 湯シャンを始めてから急に私の髪が健康になったと目視出来たらしい家人が私と同じシャンプーを使うと言い出し、「湯シャンどうぞ」とも言えず自分には必要もないのに調べまくって選んだ一品なのですが。
いや、結局プラシーボじゃね?
 少なくとも以前のケミカルシャンプーよりは実際調子が良いらしく、何の疑問もなく家人は使用しているわけです。
はっはっは、これが減っているのはあなた一人だけの使用の結果なのですよ。

減りの少なさにいい加減気付いても良さそうなものだが。

 まぁ湯シャンに関しては家人に黙ってる事もないのですが、カミングアウトする事も逆にないわけで、黙ってる方が匂いチェックの判定材料を与えないメリットがあるので貝になっておるわけですが。(逆に一部友人にはバラシてるんだぜ…。)

 で、そのまま同じものを買ってもいいんですが、如何せん使ってみて気づいたのは、そのシャンプーの香り。うーん、ハーブ系での香料なのですが、イマイチ私の好みでない。
 別に自分の髪に使用した事はないし、家人の髪からその残り香が匂うわけでもないのですが、極たまに洗剤として拝借する時に気になるのよね…。
(洗面器や浴槽を手間なく洗いたい時に便利でなぁ…。)
 自分がとかく無香料の生活をしていると匂いってどんどん敏感になっていくな。
 次のやつはまた何とか香りが好みの物or無香料の物欲しい。
まーた探すのかとちょっと面倒。
 同シリーズのもう一つの香りが違うものを試してみようかとかも考えたのですが、匂ってみる前に字面で好きじゃない香りだし、さっぱりとかしっとりも違っちゃう。
 あと無香料って、別に匂わないって意味でもなく、オーガニック物だと、『素材そのものの匂いです。香料入れてません』って意味にすぎないしね。ケミカルはケミカル臭く、オーガニックはハーブ臭いのだ。
 さて、当時の購入候補を思い出してチャレンジするか、また発掘の日々か。

 あともう女のサガか、容器のデザイン性に惹かれがちなの、いかんな。
ファッションオーガニストやで。
(いや、別にオーガニスト目指してもいないが。体がケミカルに負けるってだけで。)

 ちなみにこの皮膚弱さんときたら、最近とうとうハンカチをオシャレハンカチ→タオル生地→手拭いどころかガーゼに切り替えやがりました。
だってハンカチが痛いんだもん。
しかもベビー用品のガーゼ。素晴らしい弱体化。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック