元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
オカルトまゆつば論

 え、こんなはっきり。
ここまで古く騒がれブームになったオカルトを『いや、それ嘘だから』ともう言われていた事をまとめてくれている本があったなんて。
 ネットですら『あれは実は真相はこう、作り物』とかちらほら見れるはずなのに、それでもこの本で当時のカラクリをはっきり知れたオカルトがいくつかありました。
やだ、楽しい。
 偽物の有名どころ、ミステリーサークルだとか、ネッシーの死骸だとか、勿論知れた話もたくさん載ってますが、『当時のこれとごっちゃにされた』とか『○○が犯人』とか、こうしてオカルトは作られた的な詳細が聞けてワクワクです。
そもそもの紹介案件が数多いのも嬉しい。
 ひとつひとつはさらっと流してて、え、そこん所もう少し詳しく!と思うような多少反証側の信憑性を疑問に思う部分もあるけれど、詳細は自分で調べると言うお楽しみもある。(『現象』についての証拠は是も非もどっちにも同じくらい求めてこそさ。)
広く浅いけど、簡潔に必要な所を載せてる感じ。

 いや、不思議がないと世の中がつまらなくなる、無粋だとか言う人は多いけど、心配しなくても自分の脳内の事からして不思議でいっぱいなのに、この世から不思議はなくならんよ。
 むしろこの手の蒙昧を把握するミステリー、世間への伝播性を面白く思ったり、仕掛け人がいるならそのやり口の巧さ、あるいは集団で尾ひれを付けていくアイディア性、そこら辺を楽しむ事もオカルトの楽しみ方の一つだと思う。
キャー、怖い!派も実際はこうだな!派も、結局どっちもオカルトが好きなんだよね。
 暴いても暴いても、それでも解かれない謎もあるし、そもそも信じるかどうか。

 この本を読んで私にとってオカルトが、世の真実だとかどうか問う『思想』なんじゃなくて、単なる考えて時に怖がって楽しもう『趣味』のジャンルの一つなんだと、腑に落ちた気がします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック