元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
GPS:京都市役所魔性の花嫁

 京都。オカルト。ミステリ。
この単語の上、それが市役所と言うお役所仕事物と言うので面白そうで手に取ってみる。
ぶっちゃけハズレでした。

 うーん、何と言うか一番は個人的にハマれるキャラがいなかったのが理由なんだけど、全体的に小説と言うより舞台なんかの脚本読んでる感じ。
いや、ト書き的と言うんじゃなくてクローズアップの部分が。
 メインキャラでなくともやたらと『この時このキャラはこういう理由や感情でこう動いた』みたいな説明のようなものがメインとサブで同じくらいの配分に思えるくらい書かれている感じがして、なんか『演じる人』に公平なストーリーの案内書みたいになってるのよね。
なんだか視点がブレた。
 さらにキャラは多めだと思うんだけど、一人一人が濃過ぎて、これは個性的というよりは全体としてのメリハリがなくなってしまって裏目に出た感じかなぁ…。
 ストーリーもあまり市役所である必然性はなく、公務と言う感じが全くしない。
探偵社の方がしっくりきたかも。
 主人公の正義感とか、仕方なくこの仕事やってます的なものを背負わせるための動機付けなんだろうけど、古都は幽霊でいっぱい!と言う前提も、本来こういうものにその手のツッコミは考えないんで『市役所』も『京都』も、作品内でピンとこず。
 極めつけは書下ろしという事だけど、続き物前提の構成だった事。
思わせぶりな宗教団体は全く絡まず。
メインであるセキセイインコのヒーロー(的役回り)は突拍子無さすぎで浮いている。(人間化する所が特に。)
 今回の作品で解く事件も、オカルトかつ殺人事件のせいで、推理ものなのかオカルトなのかテーマがどっちつかずで…。
推理と言うよりほぼ想像の勘だけで証拠無しに犯人断定、犯人が認めないと埒が明かない展開だし、それでいて幽霊はがっつり出てバトルすると言うB級ホラーのモンスターをやっつけるような展開。
オカルトを語った推理、あるいは推理物なしのオカルト、どっちかに絞った方が話としてはすっきりするんだよねぇ…。
登場人物の誰もただ不幸になってるだけだし。
(犯人でない人のプライベートまでばらさなくても…。)
 多分前述のキャラの諸事情語りすぎってのは、推理物要素を絡めたから書いたものだろうけど、つまり、詰め込み過ぎなのね、この話。

 とりあえずどう転がるのか分からないから読み通したけど、最初の方からノラない読書となりました。
私には合わず。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック