元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
桃色トワイライト

 うぐ、ハードカバーの方がめっちゃ可愛い絵なのに、文庫本しかないのか。

 安心の三浦しをん。
身内や友人たちのキャラがますます濃くなる感じの中、また赤裸々な一人暮らし体験やオタク活動。
 と言っても何が赤裸々って欲望に忠実と言うのと、一人で居たら喋る事が無くて、話し方を忘れると言う衝撃的なお話が赤裸々すぎると思った。
 この本の辺りの文章は、一文を半ページ位に引き伸ばすと言う手法がよく目立つ。
あるいは前置きが長いとか?
 彼女の独特の形容は好きなのだけど、いつもはもう少し短くて切れが良い言い回し(長文と妄想横道話)だと思ったのだけど、そういう色の時もあったのかしらね。
なんせ相当昔からのエッセイを順番に読んでるからなぁ…。
 でも相変わらず、読書の合間の一息にちょうど良い読書です。(おい)
何も考えずに読める本、サイコー。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック