元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
島田荘司very BEST10 [1]

 このタイトルにして、なんだか中表紙がポップなデザインだった。表紙…はまたシンプルなのにね。
で、作者さんは小説の中のキャラたちは割と軽口叩いたりもするのに、地の文章は固いのね。真面目と言うか…自己評価が物凄い突き詰めて考えている。
 普通は人の作品を評するだけでも難しいだろうに、自分の作品を淡々と、また卑下も持ち上げもなく説明と言うのが冷静過ぎる。
読者が選んだベストも予想通りとか言っちゃうし。

 さて、ベストなのでやっぱりどこかで読んでいるものが多かった。
しかし案ずるなかれ、読んだ事を覚えているのに、犯人誰だっけ?ってなったのが(ry
 もう私はどんだけ推理小説を推理して読めない(さらに記憶了解無)なんだろう。
あ、でも一応、犯人はこいつ、と言うのは予測付くんですよ。でもトリックを正当に見抜くのではなく、『こいつのあの行動が怪しい』とか『こいつが犯人でありき』で詰めるとか、大体邪道で一部分しか壁を穿つ事が出来ないわけですが。
 とりあえず改めて御手洗さんシリーズを連続で読むと、やっぱり彼は変人ですわ。ファン人気高いらしいんですが、私は苦手なタイプ。遠巻きに読んでいる分にはいいけど、傍で拝見したくない感じと言うか…。
 ただ事件自体が面白いので、解決編をさらっとすばやくかつ徹底的にやってくれる手腕は有難い。
探偵なんだから当たり前と思うなかれ。
 右往左往している内に被害者が増えるとか、犯人指名しない内に皆の前でネタばらしするとか(先に犯人捕まえないと野放し怖いだろ)、ストーリー優先で突っ込みたくなる話ってあるもの。
 御手洗さんは自分が楽しいからと事件に挑み、見たいTVがあったら巻いて犯人指名して撤収とか、とにかく自由。ストーリーの綺麗さでなく彼の性格優先の物語配置が面白い所だな。

 他、御手洗さんでないものだとやっぱり作品の構成自体がガラッと変わっていて、でもどこかで出演したキャラが居たりとか、そういう面白さも然る事ながら、作者の推理小説としての見せ方の手数を感じる事が出来て面白い。
 ラジオDJの話は協力体制凄すぎだろうと言う部分と、暗号のレベルと言う部分に首を傾げたものの、かなり珍しい類のミステリだと思う。
 ラストの作品もまた、話の進め方がガラッと変わって、飽きさせません。
作者さんの狙い所でここまで書き分けされていると言うのがもう凄いよね。
 ちょっと泣ける話なんだけど、あともう少しだけ、息子はピンとこなかったのか。父親は言いたい事を調べてから行けただろうに、と。
それにしても自殺しようとした件は、フラグ立ちまくりなんですけど怪しまないのか…先生ったら。

 で、BEST10なんですけど5作しか入ってなく、一巻なのかしら、これ。
何故一気に収録してないのだろう?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック