元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
服を買うなら、捨てなさい

 服捨て本キタ。
タイムリーにタンス整理した後に読んだわけだけど、うん、私のやっている事には肯定的でほっとする。
減らせ。
別に服のバリエーションが多いからオシャレではない。
ほっ…。
 まぁだからと言って自分がオシャレになれるわけではないのだけど。
 
とりあえずいろんな服を持っていて毎日違うコーディネート=オシャレと言う呪縛から日本の女子は抜け出しなさいと言うのがありがたいお言葉です。
この人スタイリストさんなんだ?
 あとタンスの中身が偏っていてもいいんだって。
パンツが似合う人は無理にスカートを用意しておく必要もない、その逆も。
   ああ、なんか『一着は持っていないといけないな』と言う呪いからも解放されそうです。
緊急と礼儀を要する葬儀用さえきちんとしていれば、正直後の事は先に予定を知らされるシーンばかりだから、その時だけ揃えると言う方法でもいいわけね。
昔と違って今は特殊時の服も手に入りやすいから、人生に何回も使わないような服を買って置いておく必要なし、と。パーティドレス系はこの話だな。

 自分のスタイルを見つけなきゃと言う課題は難しいのですが、なんでもオシャレに着こなせるプロのモデルは周りのプロが寄ってたかって仕上げてアレだから万能の人間なんていない、とバッサリ切ったり、そもそも素人が同じレベルを目指すなとか雑誌や情報に踊らされないファッション感を勧めたり。
精神的に今の日本のファッション文化を見つめなおす切り口が良かった本。
 捨てりゃいいってもんじゃないけど、持ってなくてよい物を何故狭い部屋に仕舞いこんでるの?って問いかけが大半の人々にくる言葉じゃないかしら。
(服を溜め込むスペースがあって死蔵させてないなら本人の自由だと思うけどね。)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック