元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
神様の御用人 1

 ひょんな事から神様の御用聞きに命じられた主人公。
まずもう最初から評価したい。
神社本、よっしゃ来た!
 ―それは個人的な趣味とは言え、主人公が子供じゃないのがまた好感触。(中高生とかよくあるパターンのって、ほらさぁ…地雷率が高いと言うか…。)
主人公がかろうじて社会人(ニートだけど)と言うのがありがちドタバタじゃない感じでホッとした。
 まぁいい意味でドタバタが入るのだけど、基本作者が『優しい世界』を目指して書いているのがよく分かる。主人公は膝の怪我で得意だった野球の夢も醒めてしまい、おかげで皮肉だったり、現代っ子発言も多いけど、芯の所を捉えている感じで言動が素直。
良くも悪くもだけど、神様に見えない狐神(相棒位置)にも溜め口ツッコミ、立場などお構いなしに感じた事、正しいと思う事をぶつける。
 彼は決して馬鹿ではなく、むしろ上手く行かない現実を知っていてなお、諦めたくない気持ちから『大人じゃない』発言をしている様に見えるし、思考タイプの人間。
かと言って引きこもりゲーマー現在進行形の割に、元が怪我さえなければやる気に溢れていた野球青年なのだから、やる時はやる行動力も持ち合わせている。
 そんな彼の人間臭い部分に神々は眉を顰めるが、その素直で善良な部分に胸をつかれたり―。

 そうして神と人と、何とも言えぬ胸がきゅっとするような物語を紡いでいくのがこの作品。
この主人公の『普通』のバランス感覚が絶妙なのもあるけど、何より神様たちのキャラもなかなかいい味を出しています。
 まぁぶっちゃけ性格付けはエンタメ仕様なのだけど、基本の神から見た人(など所詮一瞬の不特定多数生物、とるに足らない存在でお願い事だけ身勝手にしてくる存在)の捉え方とか、それでも関わらざる得ない奇妙な関係性や、そのあたりが何というかありそうな『らしさ』を感じる。
 それに何よりもこの『実際の神社と神様』と言う所が素敵すぎて、話の中の舞台の神社が完全に本物を書いているので、周囲の景色含め情景が容易く思い浮かぶ。
 いやぁ、この作者さん、本気で全部の神社、取材した上で書いてるんだって。これがたまらないね。
人間知ってる場所の話だと、すごく楽しく感じちゃうのよ。
主人公がどこの駅からこう行った、歩いたとか見ていると「よく行ったなぁ」とか「この店はあそこの事?」とかニヤニヤしちゃうもん。
神社巡りが趣味の人はかなり楽しめるよ。
 一気に興味が沸いて、続きも読む事を決める。
結構巻数が出ていて嬉しい所。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック