元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
手の状態
 謎の手荒れ、自分換算ではこんなもん塗布2回で赤味ともおさらばよと思っていたが(アトピーならそんなもんで済む)、結局見積もりの3倍近くかかって赤味が引いた。
いや、マジなんだったの、コレ。
 赤味が引いてからは腫れも収まったので安心していたのだけど、皮膚の外側が塞がるとあらら、改めて肌が黒ずんでる。あと、皮膚が強張っていて硬化だけじゃなく、手を動かすと突っ張るわピリピリするわ。
不快~。
 アトピーだと痒み(深部に至ると痛いけど)と繰り返しと言う陰湿な攻撃なんですけど、この謎の手荒れは純粋に腫れて痛いだけと言うタイプだったな。
繰り返しはなし。
やっぱりアトピーと違った。

 さて、肌の黒ずみと強張りはまだありますんで一からの観察とはいかないのですが、そろそろアトピー観察に戻ります。
その間私も手をこまねいていたわけでなく、試していきたかったサプリメントの入手に努めておりました。
 上手い具合にサンプル価格だとか、溜まったポイントでのお買い物が出来たので、費用を掛けずに2か月分くらいのサプリを用意出来ました。
これだけあればちょっとは実感…確認出来るかな?(はてさて)

 あとホホバオイル。
お試し10mlはなんのかんのと意外ともち1か月程。使い勝手を考えた所、買い足しても良いと言う気になりました。
 いつもだと保湿はワセリンオンリーなのですが、大体入浴後~寝る前、朝と日に1,2回も塗ればいい方だったのですが、どうしてもワセリンだとその後『手袋』しないと何の行動も起こせない。
 手袋と言う封印が無ければ私の動いた後にはナメクジの跡が如くワセリンのベトベトした指紋が残りまくる『妖怪ワセリンなすり』になってしまいかねませんもの。
 そんなわけでやる事やってからワセリンに至るので、本当に保湿の必要な瞬間に塗れず、大分経ってからようやく塗っていた感じ。
これ、実はあんまり意味がないのね。保湿としては。
 半分以上は擦傷が痛いので保護と言う意味で使用しているからいいんですけど、本来ワセリンは単なる蓋。皮膚内に入って保湿なんてしませんので、元から皮膚にある水分を逃げないように抑えるだけの話。
だから皮膚内に水分がある内に蓋しないと意味がないのに水分逃げてから塗っても…と言う。
 しかしホホバは皮膚に吸収されるから保湿にもなる、そして吸収されればサラサラでべとつかない、この便利さよ?!
なのでワセリンまでの繋ぎにサッと塗るのはアリかなと思いました。
あとべとつかないから最悪手袋無しでも行動可。
 おまけに液体だから塗っても物理的に痛くない。(ワセリンはクリームみたいなもんとは言え個体。アトピーの人はアレですら塗る時に物理的な痛みを感じるのですよ。( ̄ー ̄;))
 …まぁ一長一短で擦傷防御が皆無なのと、刺激に関しては調子によると思われるので、使いどころだな。
そういう点もあって、毎日塗らず、毎回塗らずでこの使用量で収まったのだと思う。
 次は大容量で買おうかなぁとコスパを考えたのだけど、消費期限の関係で大容量どころか中容量のすら使い切れそうにない計算でしたので、大人しく小容量の物を買い足し。

 さて、ではそろそろ開始するかぁ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック