元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
雷獣びりびり

 雷獣が主人公の妖怪系時代劇かと思いきや、雷獣は思考としてのセリフが無くマスコット的なもんで人間主人公がおった。単なるあやかし時代劇…っと。
なんかこうなると某あやかし話と被るのだけど、中身は大分違ったな。

 妖怪が認識されている世界で、それを捕えたりする改方が主人公。雷獣は彼の許嫁(幼女)に飼われている猫です。(大分はっちゃけた説明ですが。)
しかし本気でロリじゃなくて良かったわ。江戸時代ならそんな無茶な許嫁も有りそうなもんだけど、主人公はひたすら彼女の父親への恩義でそれに甘んじている感じ。20代前半くらいか?
 ただむしろ幼女の方がしっかり者タイプなのか嫁気取りと言う感覚らしい。んー、まだよくわからんが、少なくとも妙な落ち着きはあるな。
この娘の母親は剛毅な感じで、河童や武者鎧の妖怪を料理屋で扱き使う感じです。

 割と続いてるシリーズのようですので期待したのですが、数話読んでみて、途中でちょっと首を捻る。
なんでかしら、面白くない。
 まず主人公と幼女の会話が必要最低限でワンパターン。
特別なエピソードを感じさせる会話にならない。
会話や状況で見えて来るべき二人の個性(特に幼女)もまるで見えてこない。
何が好きとか何が苦手とか、お互いの力関係とか。
 これが大なり小なり主人公の他のキャラとの会話、関わり方にも同じような事が言える。
比較的夜ノ介は夜ノ介の方がいろいろ食わせ物で話を進めてくれるから意味も出てくるんだけど、主人公で引っ張っていく展開が印象に残らないんだよなぁ…。
 あと展開の強引さ。
常にタイミングよく幼女&雷獣が主人公を助けに来るけど、この展開がお芝居を見てるみたいで。
 無駄と言う余白がなくお話を作る時の骨組みだけを見ているよう。最低限の展開が故、都合の良い展開にも見えるのかなぁ…?(逆に言うと素晴らしく簡潔にお話をまとめてるので冗長にはなっていない。)

 この一巻の中だけで言うと、終わり近く、いきなり善鬼の話に戻ったと思ったら夜ノ介と因縁深いってのは出来すぎ感があった。
まぁこれは夜ノ介自体改め方に妙な入り方をしているから完全に設定の内でしょうが、妖怪のゲストキャラの様な点のキャラは多いのに、線のキャラが少なすぎて、今は浮いちゃう感じかな。
多分一巻では私は嵌りきらんかったのでしょうね。
 ただキャラには可能性を感じる。
幼女だの夜ノ介だの、人物一人一人の『こういう登場人物が居るよ』チョイスは好きなんだよね。
 ちなみに漫画化されているようでそちらのビジュアルを見たのだけど、幼女も雷獣も可愛いわ、夜ノ介の食わせ物感が出ているキャラデザもいいわ、見ていて楽しかった。
(主人公かっこよすぎだけど。)
もしかしてこれ、漫画で読んだ方が好きかもなぁ…。

 個人的に続きはないのですが、このノリの時代劇はなかなかないと思うので、物語としての印象は良かったです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック