元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
フリークス

 多分読んだ事のある一篇が入っていると思われたんだけど、2本もそうだった。
それのおかげでこの中篇集がどんな『騙し』を読者に仕掛けてくるのか予想が付いていたのでそれだけは残念。何にも知らない内に一気に読んじゃいたかった。
 と言うのもこの本、一度期に書かれたのではなく、随分とバラバラの年代の作品群なのです。
それでいて古い順じゃない並びで敢えて構成されなおしている。…なんでかな?
 とりあえず叙述トリック好きな人には持って来いなのですが、タイトルの『フリークス』は設定の異様さといい、ミステリの問題提起ありきの蛇足の無さといい、開き直ったかの如く純粋な謎解きに集中出来ます。
さすが手堅いわぁ。
(容疑者が一つ目、三本腕、芋虫女等皆奇形児で―と言うこれだけで謎解きルールが面白そうでしょ?) 

 サクサク読めて、頭の良い体操になる良著。
くどく何本も読んだり、長くこねくり回されてもしんどいので、中篇と言うのが絶妙な濃度だと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック