元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
超常現象

 NHKスペシャルの本でした。
何と言うかこの間読んだ外国のゴーストハンターとはまたえらい角度の違うガチガチの科学検証が魅力です。
使ってる機材とかは多分近いものがあると思うんですが。(精度の差はあるかも。)

 この人のテーマは『最初に結論を決めない。中道で検証して事実だけを伝える』と言うもので、例えば同じ実験をしても、その内容を自分の求めるものに置き換える事は可能だと言うような実験など、物凄く頷けるスタンスで。ああ、これだよ、この感覚だよ。
 頭から信じて騙されるのはダメだが、そこにある事実から目を逸らすのも同じくらい愚か。
証明出来なくても超常現象はあるのだと言う人たちに断言して『ない』と言いきれないのがここだよなぁ。一番難しい所。(まぁ事実すら脳の誤認がありますし言い出したらキリがないのですが。)
 基本私も想像力だけの塊の様な超常現象は全く信じないのですが、説明のつかない出来事に対しては根拠もなくないとは言い切れない。
それは古く太陽が回っているのか地球が回っているのか一個人が確認しようがなかった時代と同じ。
今では常識な事も当時の科学は証明しきれなかっただけで―。
 この先、幽霊や宇宙人や、遠い未来で当たり前の事が今科学で暗いと言う可能性はあるわけです。
 また著者は、一見科学を否定してそうなこの態度こそが、科学の可能性を信じるという事、広げるという事に繋がると言います。
今超常現象を調査している科学者たち(例えばそれがないと言う研究者よりあると言う研究者)はそれらを科学で表す方法を、今の時代の最先端で必死で考えているのだと。
(とんでも理論が胡散臭がられる事は当たり前でもあるが…。)
 これで一番難問だったのは、生まれ変わりの話。
幼い子供が知りえない自分の前世を語る。それが当たっている。これですね。
 無意識でその情報を見ていると言う人間の無意識論、あるいは子供に何度も同じ事を聞かせているとそれが本当の記憶に変わると言う実験、否定的な事も取りあげつつ、人種文化時代無関係に生まれ変わりが出てくる事実―。(日本も江戸時代から記録はあるそうな。怪談かな?)
 他にも臨死体験。これも人気のある分野なんだとか。
同じく人種文化時代関係なく多くの人が体験しているものですが、トンネルや花畑、川、これはちょっとイメージに毒されている気がしなくもない。
 例えばトンネルに関しては脳のブラックアウト時に狭窄視野に陥り、周囲が真っ暗で中心だけ視界が効いていたりとかあるわけで、この事を言っているのでは無いかと言う説。(仮死状態になると脳への血流が少なくなる。)
 ああ、貧血の時なんか良くブラックアウト、ホワイトアウトあるから解るわ。この視界。
 聴覚だのもふわっと奪われるから戻る時現実世界の人の呼びかけが急に聞こえたとか、幸福感だのは格闘技なんかで落ちるのが気持ち良いとか、確かに類似事項は多い。

 この本では特にこれらを嘘か本当かと言う結論付けはしないので、まさしく読者のお好きなように、です。
 ただ面白かったのは、臨死体験をした人は生き様がガラッと変わる人が多いのだとか。命に関する向き合い方が変わり、人生を丁寧に生きる様になるんですと。
笑ったのが教会に通うのを止めちゃう人が多いんですって。人生の無常を知った―のではなく逆で、精神性が高まり説教を聞く必要がなくなったから、との事です。(体験者談。)
 おいおい…この言い方じゃぁ現時点で教会に通う奴は精神性が(ry
 天国を見たが故、神の御許を離れる―皮肉なもんですね。

 とにもかくにも中道の本。歴史の真実本でも思ったけど、読めば読むほどすべてが解き明かされた未来に生まれたかったと割と本気で思ってしまう。ピラミッドの謎とかその手の番組も作った人達みたいで、ここら辺納得。好奇心のくすぐり方はさすがプロデューサーと言えましょう。
 オカルトも科学も好きと言う人はご一読をどうぞ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック