元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
だまし博士のだまされない知恵

 いいタイトル。私の様なライト層が食いつきやすいですよ、これは。
小難しい事は苦手だが、世の中の矛盾と真実をがっつり解説していただきたい、そんな私の本日の騙し騙され本。

 読んでいると科学的―なんだけど別に科学の話と言うわけでもなくてね、例えば血液型の占いなんておかしいだろう?!とかカルト宗教へ斬り込んでみたり、スピリチュアルに逃げるなとか、もう爽快に世の中の観測出来る法則以外をけちょんけちょんに言ってくれます。
…読んでてたまらんな、いいぞ、もっとやれ。
 例えば単純にオカルトを迷信だとして、古い時代はそれで済んでいたけど、段々と科学が台頭してきて、今度はそれを利用して『似非科学』も生まれる。
マイナスイオンだの、電磁波だの、確かにちょっと紛らわしいもので世の中が隙を付かれやすい構造になってきている。
 科学を持ち出して迷信的なものと紙一重を打ち出したものは、大きなところで血液型占いなんてものがある。
これを古くは軍部での利用、結婚や職業選択に使ったり、果ては差別と言う危うい動きをしていた時代があって、著者は理路整然とそれらを根拠のないものだと説明してくれています。
 頭ではうん、根拠ないよねと思っていても、いざ説明って難しいから、この弁が立つだけでも素晴らしい。
 都合のいい数字だけを取り上げてさもそれが真実の様に思わせたり、統計上のトリックや、印象操作のメディア―さりとてこの手の『学説』を出してくる人間がどこぞの教授だったり、自身で本気で信じているからリアルタイム論争になるという流れ自体が怖いって話だね。
 確かに『血』と言うのは肉体の一部だから関係がありそうななさそうな…と言う迷いは出て来るもの。
今はまだ解明されてないだけで将来は当たり前のように判定されるかも?!とか。
 ただ血液のタイプの違いは実際はあんな簡単なものでなくもっと組み合わせは多いものらしく、数が多すぎてもこの手の判定に当て嵌まりにくくなりそう。
 警察が交通事故を起こしやすい星座ランキング…とか一時出してましたが、逆に「ああ、あれ、本気でやってたの?」とか思っちゃうのは確かだけど。

 そう、この「本気かどうか」って結構大事かと。
例えば霊が見えると言う人は、嘘を付いているか、嘘の自覚がないか、幻覚が見えているか、それぞれに中身のタイプが違うわけ。
 お守りなんかでも無神論者が無碍に出来ないのは、ひとつに『信じるかどうかではなく、験担ぎ、自分の精神コントロールとしての利用』ってのがあると思う。
 迷信など一切信じないと言う人は、そのお守りをもぞんざいに扱う事が出来るのだろうけど、神様どうのでなく、何かを馬鹿にする自分とか、人からの視線とか、嫌な言葉とかイメージ、そう言うマイナスがぞんざいにさせないだけと言う状態があるわけで…。
 ある意味救われる宗教は良い宗教、と言う意見も分からんでもない。
厳しく言えばそれは正しく神頼み、楽して幸せになりたいとか、こんなに一生懸命祈ったのだから報われるはずとか、心理的な説明は付くけど、それら含み、自分をコントロールする道具として自覚した上で本人が利用している内(支配されていない内)はいいんじゃないかなぁ―などと私は思うわけです。
 ―とまぁこの本はそこら辺も含めて容赦なかったわけでね、清々しいほど。
非存在証明は難しいと言うのに、霊など居らぬと某スピリチュアリストを名指しで突っ込みまくるのもニヤニヤして読んじゃいました。
ああ、確かにあの人、カリスマ性あるよねぇ。

 著者にかかると私も無知蒙昧迷信に生きる一人。
だからこそ、騙されない様に気を付けよう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック