元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
アトピー仕切り直しの話
 湯シャンが無事完了して書く事がなくなったのでアトピーの話だけ記録を続ける事に致します。
その前に。

 私のアトピーは生まれ付きで全身だったのが、大人になる頃にはほとんど自然治癒、今しぶとく両手だけ残っている状態。
そこからは酷くなったり治ったりのいわゆる増悪・寛解状態で延々なのですが、薬についてはステロイドの薬を最後にもらったのが10年くらい前、その分をたまーに使って薬も尽き、完全に塗らなくなりワセリンだけでしのぎ出したのが3年くらい前、半年前からワセリンすら塗らずに素肌実験―とこんな流れで今に至る。
 脱ステロイドに関しては主義主張もなくなんとなく抜けていた感じです。単純に懇意にしているお医者さんが遠方過ぎて通うのが面倒になっただけだったんですが。(おい)

 で、最近ですよ。
両手の状態がいきなり悪くなってきて、今までにない部分に出て来るわ、そもそも赤く腫れてて痛いわで、長らくアトピーをやっているがこんな状態はちょっと覚えがない。
 実験中の事もありアトピーの事を改めて調べ直してみる過程でふと気が付くとなんだかこれ、アトピーの判定基準に沿わないっぽい。
左右対称性もないし、そもそも痒くない。
 最初は傷み方が違うなぁ程度の話だったんだけど、ターンオーバーもそろそろ2回、この患部だけはターンオーバー毎にやってくる寛解状態が無く常に腫れている。(他のいつもの場所は曲がりなりにもターンオーバー周期で一度は治るのに。)
 …あれれれ?いや、なんかもしかしてこれ…アトピーじゃなくね?別の何かにヤられてる可能性なくね?と疑惑が『ますます』深まる。薄々自分の中では気づいていたけど、確定をさせずに今日まで居た。

 結論を言うとアトピーではなかった。
やっぱりかぁ~ーーーっ?!(ノ ゜Д゜;)ノ = ┻┻
ついでがあったんでこれ幸いと医者に判定してもらったんですよ。これはアトピーなの?そうじゃないの?
 するとアトピー部分が全然ないわけじゃないと思うんだけど、じゃあ何なんだと言うと、『手荒れ』としか言ってくれない。
―はい?
 「アトピーの人は手が荒れやすいから」的な説明だけで、病名を断言しないのです。主婦性湿疹だの、何かあるんじゃないの、病名?え?どゆ事?皮膚系の目視判定は難しいって言うけど、そんなに?じゃあせめてアトピーですとだけ言っておけば…?え?そういうもんでもないの?分けわからん。
 まぁ確かに自分でも思うくらいアトピーと特徴ずれてたし、広義で手荒れだが…。アトピー下敷きだとしても菌とか黴とか感染症とかなんか手荒れの種類位判定してくれるんじゃないのかよ…。
腑に落ちませんが、少なくともアトピー(オンリー)じゃない、と。φ(._.)

 ―えーと、とりあえず一旦止まれ。
私は繰り返すアトピーに嫌気がさしその辺をどうにかするつもりの実験をしているのであって、アトピー以外と戦うつもりはない。
 先ずはアトピー以外の部分を治すから、それから仕切り直しにさせて。(とんだ実験休止だよ。横道対策にホホバまで投入したしなぁ。まぁホホバの使いどころも知れて良かったけど。)

 所で今回の思わぬ診断で、もうアトピー自体実はほとんど消えているんじゃないの?な疑惑はどうなんだろう。
アトピー持ちはずっとアトピー持ちなので超絶乾燥肌だけは常にベースにあるのは仕方ないとして。
しかし(手荒れを起こそうとも)アトピー自体が出なければ一応アトピーの抑制は出来ている事に…なる…のか?狭義ではなる、よな。
勝負に勝ちたいのか試合に勝ちたいのか、とりあえず薄らぼんやりとした目標はそのままに、邪魔物排除してから新章突入予定です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック