元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
カバー、おかけしますか?

 本屋さんのカバーの本。…なんと言うニッチ。
これ、カバーと聞いて本来の本の表紙の事だと一般人は思うらしく、書店で付けてくれるカバーだとは思わないらしいですが、そうなの?
むしろ最初から付いてくるカバー自体がもう表紙でカバーだと思ってないのが普通かと思ってたけど。
だからこの趣味を説明する時に難しいと言うのですが、いや、本屋のカバーと言ったら『本屋』って言ってるんだから分からない方が少数なのでは。
 前置きはいいか。 

 さてこのカバー、中国語で『書皮』と言うそうです。
著者たちはこれで同好の士を集い会を作り、日本全国津々浦々、古いものから片っ端にコレクション、それを愛でて楽しむのですね。
 何と言うか必然的に読書家さんが多い事になるのか、寄せられた文章はカバーを語るのに千差万別、しかしどれもえらい達者に書かれているんですよ。
たかが(失礼)カバーに、読み応えのある文章でこの想い、エピソードの数々―。感服いたします。
愛って、偏愛程興味深い所がありますよね。
 またカバー自体も美しく、こんなにパターンがあるのかと言う目でも楽しませてくれる一冊。
今は大手チェーン書店が多いから数を見る事が少なくなったけど、昔は個人商店とかで独自の印刷されたカバーがたくさんあったとふと思い出します。
これも消えゆく文化の一つと考えると、時代の流れって凄いですよね。
 そういう私もレジでカバーをお断りする様になっちゃったし、本屋で本を買うより通販で買う事の方が多いですけど…。

 紙類好きに眺めて可愛い一冊。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック