元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
ゴーストハンターほんとうにあった幽霊狩り事件簿

 これもいいタイトル。『狩り』って所がいいわ。普通狩らないだろ、幽霊は。
『ゴーストバスターズ』を思い起こします。
 で、科学的調査に基づいてこんな事件を解決しました―!と言う科学本かと思いきや、ちと様子が違う。
一人称体験記風??え?フィクション??
 実際にあるTV番組のクルーの話でした。ああ…ちょっとショー的な??

 一応器具類は使ってるけど、見えたものは見えたし、聞こえたものは聞こえたし、と言う本。
つまり特に科学寄りと言うわけでなく、調査した上で謎な事がありました、これは凄い!と言うそっち方面からのオカルト盛り上げ本かと。いや、オカルトエンターティメント本か。ニクイな。科学をダシにオカルトを上げるこの構成。
まぁTV番組ならこのノリだろう。(巻末には結構な量で『君もゴーストハンターに!』的なイラストでアイテムを紹介するページが。夏休みの自由研究を説明するテイストを感じました。良いお子様ホイホイだ。)

 と言うわけでフィクション感を拭えない一冊。
子供向けに作られていたようで、内容も薄かった。
 唯一評価するのは調査の結果、相談者たちがその後どうなったかまでドラマ仕立てで見せてくれる事。
あー、この感想が出るという事はもはやそう言うエンタメを見る姿勢に変わってるわこれ。
 『本当にあった~』となると日本だともっとオカルトオカルトしてるけど、海外だとあっけらかんとしたものですね。もうセリフ回しがホームドラマ(吹き替え)見てるみたいでいっそ可笑しくなってくる。
 たまにはいいかな、こういうノリの本も。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック