元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
脳はすすんでだまされたがる

 『我思う故に我あり』ってのは人間が主観でしか認知出来ない以上究極の真理だと思う。
この世のすべては脳が見せていると言っても過言ではなく、有るがままの事実と故人が知覚する事実は必ずしも一致するとは限らない。
そのズレを把握出来れば惑いは少ないわけで―。
 無味乾燥と言われてもオカルトはあくまでフィクションの楽しみとしたい。
日々オカルトを好んで読んでは理性を尊ぶ私です。
さてそんな私の続く読書はこちら。

 先日の超常現象解明の内、脳に焦点を深くあてた感じでしょうか。
作者は違うんと思うんですがもうこのタイトルだけで常識なんでしょうね、完全に同じベクトルです。
騙され心理、把握しましょう。
 で、こちらは基本マジシャンの解説ネタで進む感じ。
実際のマジックの種明かしもあるのですが、文章で読むと混乱しがち。
映像で見るとまた違うんだろうけどね。

 徐々に慣れてくると読み込めるようになるのだけど、途中で驚きの事実を知る。
かの有名なインドのロープマジック。
術者が天にロープを投げると空中の何もない所にひっかかりピンとロープが張り、術者がそれを登っていく―。
 これ、どう考えてもタネが分からないんですが、まさかこれを教えてくれるのか?!
ワクワクして読んだら、本当に驚いた。
これ、嘘なんですって。
 …ぇ??
これ、新聞記者がないマジックを東洋の神秘的にでっち上げた偽記事なんだと。
 ―ぇえええええ?!!
悪いが私、このマジックだけは欠片も解らんと小さい頃からずっと引っかかってたぞ?!無理なのか、不可能マジックなのか、て言うかないのか?!!
―はい、ないんです。
私、これの派生まで何度も読んだよ。
 少年が登るパターン。合図しても降りてこない少年を追いかけて術者がロープを追いかけるパターン。で、少年がバラバラ死体になって空から降り注ぎ、カゴにいれたら元通りになって出てくるパターン。
―皆聞いた事ある。

 これ、記者が後年嘘でしたと明かしたんですが、ネッシーや妖精の写真よろしく、仕掛け人が嘘だと証言した後にも、信じる人間が当たり前のように居続けるんですって。
人間は記憶を変えて覚えるのです。
派生の話も勝手に尾ひれがついてるわけですし。
 いやぁ、関係なさそうな本からいきなり遠い日の謎が一つ解けた(消えた)わ。
 ちなみにあえてこのマジックをやってやると息まいたマジシャンたち、一人も成功してないんだとか。(厳密的な意味で本来の形通りには出来ていない。アレンジとかはあるらしい。)
 あと最近よくネットで見る○○判定用の写真とか、この本にも載ってあって、本当、どこから何が転がり出てくるかわからない非常に意外な読書となりました。

 マジシャンたちのやり口については、意識を逸らすテクニックのなせる業だと知っていても、鮮やかな手つきや話術を忘れてはならない、ネタを知ってなお敬意を払うものだと思いました。
とりあえず、人の脳がどれだけ適当か、唖然としてみよう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック