元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
放課後探偵団

 学園探偵もの詰め合わせ。
…多分読んだ事のあるものも多かろうなと思いはしましたが、作者名記憶にある、だがタイトルは読んだような読んでない様な…、の記憶力で生きているので手に取って読んでみるしか判断のしようがないのです。
 まぁこのまだ読んでない内にも新しいお気に入り作品が埋もれてるかもしれないのでどんとこいです。
アンソロジーの旨みって、テーマで競うのを見れる他、新規開拓に持って来いと言う部分があるよね。

●お届け先には不思議を添えて 似鳥 鶏
 まずこんなところで嬉しい似鳥さんの短編。伊神先輩だ~!シリーズ物でチラリとされると安心感とニヤニヤが止まらないわ。
他のキャラも相変わらずで単純ながら手法の謎は面白かった。動機も暗くなかったし、後味が良い。

●ボールがない 鵜林 伸也
 うん、ボールが足りないだけで引き伸ばしやがった。すごいな。種明かし的には犯人の動機がメインであり、手口とかは何のトリックもないのでちょっと見どころはなかったのだけど、部員全員であれやこれや考えている様子は楽しく読めました。

●恋のおまじないのチンク・ア・チンク 相沢 沙呼
 ああ、何かシリーズ物なのか?キャラがいいね。
マジック好きの女の子。またこちらが主人公でなくヒロインと言う辺りが。むしろ主人公はワトソン役の方なのね。
謎となるバレンタインチョコの話も良かった。
 犯人の頭の良さに感心したわ。一瞬であの計画を思いつき、自分の目標を達成とか。良い終わり方だしねぇ。

●横槍ワイン 市井 豊
 え、聞き違いネタ?それだけでこの話に引き伸ばしたのか…。ちょっとこれがミステリーかと言うと微妙な感じでした。確かに犯人は誰?ではあるのだけど、単にすれ違いネタと言うか…。ううん??

●スプリング・ハズ・カム 梓崎 優
 割と正統派…かな?同窓会の日に、かつて卒業式の日を騒がせた犯人の犯行声明がタイムカプセルの中から―。ワクワクですね。
 で、当時の謎を解くのですが、皆よく記憶がある事。
そこは無しにしてもなかなかややこしかったです。
 しかしラストの種明かし部分のあの表現方法は…ちょっとなぁ。ファンタジーですか?オカルトとは言わせない感じですか?或いは感傷?いきなりこの非日常感は戸惑った。逆に冷める。
主人公だけで完結させて99%間違いないでしょうの想像で終ってもらった方が綺麗により感傷的な気分になれたと思うのだけど。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック