元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
本屋さんで待ちあわせ

 三浦しをんのエッセイを読みつぶしていこうかと。

 で、この本がまた本の紹介と言う、かなり裾野が広がりそうな興味深い一冊でした。
この人、絶対雑食だよなと言う感じがするもん。
 案の定もうジャンルに偏りがないと言うかなんでも読んじゃう人で、漫画から真面目な本までそれぞれに面白いと思える眼を持って手短に紹介してくれます。良い。良いよ。
たまに好きな類の本があると頷いちゃう。
 ただ不思議な構成の本で、途中、いきなり『四谷怪談』に一章くらいを割き、ああ、まだ本の紹介し足りないとばかりにまた本の紹介に戻り、最後はBLと漫画の紹介と言う…。本当、彼女の頭の中の広大な本棚を『順不同・割合はその時の勢い』で見せつけられた感じです。
…良い意味で呆れるなぁ…。(感銘とかじゃないのがこの人の人徳かと。)

 個人的にどんなエッセイが読んでいて楽しいかと言うと『心の内をさらけ出す人』『知識が深い人』『語る経験がある人』の物が良いと思っているんですが、この人は正しく欲望と知識が筆をとった様なお人です。(経験は知らない。肩書たくさんありそうだけど。)
まだまだ読み進めていきます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック